雷句誠の今日このごろ。

漫画家 雷句誠のブログです。 代表作「金色のガッシュ!!」「どうぶつの国」「VECTOR BALL」

おい・・・これは・・・

おい・・・これは・・・凄い記事だな・・・・(笑)

み、皆様こんばんは、雷句誠です。
はい、上記の感想は週刊新潮さんの記事の事です。
みなさんも、読まれた方が多いと思いますが、私ももちろん読みました。
で、インタビューよりも内容が何と言うか・・・凄い状態になってまして・・・
まあ、とにかく、事実とそうでない部分と、行ってみましょう。はぁ・・・

まずはアシスタントに対して自分が言った言葉。
「この裏切り者」「嘘つき」「前からおかしいと思っていたんだ」「こんな人間とよく仕事ができたもんだ」「どこまで馬鹿にするんだ」まず、全部違います。まずコレに関しては、怒り出すと言うと書いてありますが、自分が怒るときは仕事でのミスや不具合のときのみです。なぜ人の人格に関して怒らなくてはいけないのかわかりません。仕事に必要ないのです。しかもこの件に関して、新潮さんのインタビューは『「嘘つき」に関して酷い扱いを受けたアシスタントの証言がある。』と言う事だけでした。その他の言葉はこのインタビューでは出てません。この嘘つきに関しても、心当たりがあるとすれば「嘘は墓まで持っていくものよ」と仕事場で言うアシさんがいたので、そのアシさんの事かと思います。仕事場の雑談で本人の口から喋ってるから、仕事場全員が知ってるものです。で、それを元に自分がそのアシさんに直接怒ったりした事はありません。

「どこまで馬鹿にするんだ」この言葉は、ガッシュが終わったらもう小学館の仕事はしないと言っているにも関わらず、何も無かった振りをして仕事を持ってくる編集者には言いました。まあ、それ以前にも陳述書に書いたような対応を編集者にさんざん取られているので・・・。との事でアシスタントに向けた言葉ではありません。編集者に対しても、仕事を持ってきた編集部に直接FAXで伝えた物で、怒鳴る事はありません。

さて、次です。
「アシスタントが買い出しに行って、20分で帰って来ないと激怒するんです。元の仕事場では、階下の人間から、静かにしてほしいと苦情を言われた時、『静かにしろ!』と印刷した紙を、仕事場の壁にびっしり張ったそうです」(漫画編集者)

アシスタントには買い出しを頼んでますが、朝、昼、晩の3回をそれぞれ別のアシさんに頼んで行ってもらっています。ですから、平均的な買い出しの時間が解るのです。その中の一人が遅いと、周りのみんなにも迷惑がかかるのでそれで注意します。(この事はインタビューでしっかりと答えましたが新潮さんは書いてくれませんでした。)

「『静かにしろ!』と印刷した紙を、仕事場の壁にびっしり張った」コレはもう何と言うか、無茶苦茶です。その張り紙をした事も無いですし、自分の仕事場(昔も)は夜の音には気を使っているので苦情を受けた事もありません。(本当です。アパートの時は特に気を使ってました。)

では、次。
「うまく背景が描けなかったことがあったのですが、雷句先生は壁を穴が開くほど殴りつけました」(別のアシスタント)

コレは一部本当です。自分は、仕事に関して本当に怒ったら壁を殴ります。穴もあけました。でも、しょっちゅうではありません。壁を殴ったのは2回。机は拳ではなく握った手の小指側の腹(?)で叩く時があります。机に拳で殴った時は骨折をした1回のみです。あと、「背景が描けない」と、いうよりは、締め切りが迫ってるのに急がない。何度教えても同じミスを繰り返す。などの時です。ミスなどは、普通に注意をし、技術を教え、直しなどを出します。しかし教えた事を全く無視した仕事を何度も持ってきたり、仕事に対してふざけてる態度が直らなくなってきたら怒ります。仕事なのです。遊びではありません。週刊連載の厳しさを教えるためもありますが、本気で怒るとやっと、アシさんも本気で仕事をし、技術がしっかりと上がる人が出ます。ですが、上記の経緯でアシさんに一度目に怒って、その原因が直らず、しばらく様子を見て2回目怒っても直らなかった時は、その後冷静にそのアシさんと話をして、「ゴメン、家では育てられない。」と、辞めてもらいます。やはり漫画の厳しさ(特に週刊連載)を知っているので、自分の所で育てきれない、無理かもしれないと思った時は申し訳ありませんが、辞めるか、別の仕事場へ移ってもらっています。(自分じゃダメでも他の先生だったら育てれるかもしれないから)アシスタントは漫画家になるための道です。就職なら、しっかりとした会社の方でしなければ行けません。自分自身も一つの連載が終わったら、次の連載が上手く行くとは限りません。コレは全ての漫画家さんに言える事です。だから、この辺りは厳しくしています。きっと、今回新潮さんのインタビューに情報を出したのも、自分の所では育てきれなかったアシさん達だと思います。

念のため言っておきますが、机は自分の机、壁も少し離れた壁を叩いています。アシスタントの机やすぐそばの壁を叩いてはいません。ケガをさせたアシさんの時、胸倉を掴んだ時が、怒った時にアシさんの体に触れた最初で最後です。やはり精神的にとてもキツかったのですね。本当に反省ばかりです・・・申し訳ありません・・・

では・・・次に・・・
「夜中に編集さんに大量のファックスを送りつけ、用紙がなくなるほどの嫌がらせをしたこともありました。内容は、”お前はいつも俺を馬鹿にしてんだろう”といった類のものでした」(同)

これは全くの嘘です。ちなみにこの質問、実際のインタビューでは「夜中にアシスタントに大量のファックスを送りつけ・・・」でした。自分が「何のために夜中アシスタントに大量のファックスをするのですか?」と聞くと、新潮さん「なんの・・・ため・・でしょうねぇ・・・」と、答えていました。そして、記事になってみたら上記のように『アシスタントのファックスに』が『編集のファックスに』に変わっていました・・・もちろんこのインタビューの会話は録音してあります。ちなみにいえば、新潮さんのレコーダーでもちゃんとこの様子は録音してあります。

では、最後です。
「少年サンデー編集部に送ったファックスには、”このままでは、いつか本当に人を殴り、傷害事件を起こしそうで怖い””この文章を読んでも自分がおかしいことはわかるでしょう”などと書いていたんです」(先の漫画編集者)

コレは本当です。いわゆるアシさんにケガをさせて、自分の右手を折った時のファックスです。アシスタントさんをケガさせてしまった時点で本当にもうダメだと思いました。ですから、このファックスの書面の続きで「ファウード編が終わってから、1年でガッシュを終わらせてください。それ以降、週刊少年サンデー、及び(株)小学館でのお仕事を一切お断りさせてください。」とのファックスを送りました。あの時は、本当にあのままサンデー編集者との仕事を続けていたら、本当にストレスに耐えきれないと危険を感じました。上記の内容は、当時のサンデー編集者のやり方に「警告」も含めて出しました。当時、編集者が原因かどうかは解りませんが、とても精神的につらい状態でがんばっている、サンデーの漫画家さんの噂を人づてに聞きました。自分はこう言う編集者の仕事の仕方でも負けずにがんばるぞ!と、がんばった有り様がこの事件です。憶測かも知れませんが、当時の編集部への「警告」も含め、このファックスを送りました。もちろん、こう書くことでサンデー、ひいては小学館を出る覚悟が本気であるという意思表示も入っています。

ああ・・・・終わりました・・・やっとです・・・
もちろん、記事の中に事実もあり、自分も反省すべき所がありますが、とにかくこのデタラメ加減は笑うしかありませんでした・・・いや、今は疲れ果てています。逆にこういう情報を流している編集者は何でもいいから難癖付けろとなんか必死な感じがします。結構、いただいた応援メールの中に「きっと小学館側は、雷句誠を精神異常者と見せて攻撃してきますよ」とのメールを結構沢山いただきましたが、これなのかなぁ・・・なんだかなぁ・・・と思っています。

一応、この記事の件に関してはすでに今日の夕方、弁護士さんとの相談はすませてあり、行動を起こしてもらっています。

ちなみに新潮さんのインタビューはとても攻撃的ではありましたが、一応、自分がお願いした件とかは記事に出さないなど、(詳しくは書きませんが、自分の師匠である藤田先生まで巻き込もうとする姿勢が出ましたので、「そういうことはしないで下さい。」とお願いしたのです。)記者としての「義」は果たしてくれましたよ。最後は小学館に非があると書いてくれましたしね。

しかし! 今回の応援メールでも下記のように・・・
「何故「週刊新潮」という金儲けの為ならでっち上げなんか当たり前で有名な雑誌のインタビューを受けたのですか?世間知らずにも程があります!!あの雑誌は平気で嘘をつくんです!どんなに正しい事を言っても無駄なんです。」
なんて言ってくれる方もいました。この文章の真偽は別として自分の場合は、こんな結果でしたね・・・・だって、自分、週刊新潮さん読んでなかったんだもん・・・今回のインタビューも田舎から帰ってきて疲れてた所、ちょうど電話がかかってきて、「今日これからインタビューに行きたいのですが・・・」って・・・弁護士さんと予定を合わせる時間すらなかったです。

で、やはり申し訳ありませんが、もう週刊新潮さんのインタビューをお引き受けすることはありません・・・ちょこっと・・・懲りました・・・

質問コーナーはまた、次回です!!
沢山質問くれている皆さん、ゴメンね。今日はもうこれまで。
ではではまたお会いしましょう~~~~~。

質問コーナーと近況など。

こんばんは、雷句誠です。
いや~~~~、やっぱり中島みゆきさんはいいですね。
2007年のライブツアーDVDを見ましたが、
あの声、そして姿、やっぱり素晴らしすぎる歌声・・・最高です。
大好きでございます。

と、ちょこっと私生活も出しつつ、今日の日記はスタート。
まずはたくさんのメールありがとうございます。
今回はほとんどが33巻の感想メールでした。皆さん本当にありがとう。
やはり最高に嬉しいです。

まずは、予告どおり質問コーナーから始めましょう!
いくぞう!!

¥くまプーさん/1、角は結局なんの意味があったんですか?

$雷句/じつは、あれはガッシュがバオウを受け継いだ証しなのです。ですからゼオンにはあの角はありません。でも、レイラの角にはバオウとかの意味は無いですよ。別物です。(実はこの質問、台湾の雑誌でちょこっと先に発表してしまってるのです。)

¥匿名希望さん、ほか沢山の人/次は、どんな漫画を書かれるのですか?

$雷句/ウフフ、内緒。(でも、それほど目新しいネタとか、題材ではないのだよ。まあ、どうなるかは解りませんが、まだどこの編集さんとも顔合わせをしていませんので・・・)

¥レンさん、その他沢山の人/魔界に帰った魔物はどんなに傷を負っていても回復する(ゴームやアシュロンのように)筈ですが、バリーの角や傷、ビョンコの頭の葉っぱ、パティの髪がそのままなのは何故でしょうか?思い入れがあるから自分でそのままにすることを選んだ、という解釈でよろしいでしょうか。

$雷句/そのとおりです!!バリーはエルザドルとの戦いで負ったあの傷を、成長の証しとして誇らしく思っているのです。パティも髪を切った事に悔いが無いのですね。ビョンコはただ、四葉のクローバーだった事を忘れているだけです。それぞれ、体を戻してもらう時にバリー達の意思で「あの姿のまま」と、願ってあの肉体になっています。

¥匿名希望さん/雷句先生、お疲れ様です!そして、ありがとうございました!!本当に良い作品に逢えたと思います。ここで質問なのですが、ラストにワイズマンがいなかったのはなぜですか?黒騎士様はいたのに…

$雷句/う・・・うん、ちょっと忘・・・ゴホン、ゲホン・・・

¥ゴメス・ゴンザレスさん/質問です。華麗なるヴィクトリーム様のメロンは、今どうなっているのですか?

$雷句/見事実がなりましたよ!!とてもおいしいメロンができました。今はビクトリームがそのメロンを持って魔法使いの元へ行き、「なんとかV字型のメロンにできないか?」と、無理難題を押し付けています。

¥JOSHUAさん、匿名希望さん、他沢山の人/卒業式で中田先生がTMリー先生じゃないのですがなぜですか?

$雷句/眼鏡を着けたからですよ。フフフ。

¥匿名希望さん/ワイトが元クリアという所は、大変笑わせて頂きました。(あまりにも変わりすぎて。)けど、なぜガッシュだけがその事を知っていたのですか?ちょっと疑問です。

$雷句/王様だからですよ。ウッフフフフ。

¥降魔さん/バリーの弱所突きに非常によく似た行動をたびたびアンサートーカである清麿やデュフォーが行っております。(最初のテオザケル対決の時の清麿、クリアの防御をすり抜けるように急所に打ち込まれたザケルガなど)。あれも弱所突きなのでしょうか? バリーの最終戦で見せた精密機械のような技術は清麿たちにはないの で「弱所を見極め、貫く能力」に関してはアンサートーカの彼らよりバリーが優れているのでしょうか?

$雷句/バリー関係の質問は本当に多い。あいつは人気なんだねぇ・・・(もちろん自分も大好き)ちなみに「弱所突き」アンサートーカーの力でも同じ事が出来ます。(もちろん清麿やデュフォーで)しかし、そこはそれ、魔物同士の戦いとなるとやはり人間は司令塔。指示が遅れれば弱所への攻めも遅れます。ですからいざ実践で見てみると弱所をすぐに見極め、パートナーと距離を置いてしまっても「弱所突き」ができるバリーの方が「弱所突き」に関しては優れていると思います。

¥玉子ぱんさん/HPのトップの雷句さんの首に描かれている首輪?のような物なんですか?又、本当にそのような物をつけているのですか?

$雷句/うん、つけてないよ。

¥うえっちょさん/ガッシュは王様になりましたが、他の魔物はどんな職に就いたのでしょうか?ゼオンとかブラゴなんか、ただ者じゃないので偉くなってガッシュ支えそうです。

$雷句/そうですね・・・ブラゴは大将軍になりますよ。ゼオンは・・・また今度・・・ね。

¥匿名希望さん/清麿が1巻から33巻にかけてだんだん大人びていっているんですが、なにか雷句先生の意図があるんですか??気になって夜しか眠れません。教えてください

$雷句/うん、自分、絵が本当に不安定でね。(下手とも言う)1巻からちょこっと大人っぽくなった感じになった所で、「いや、まだ中学生だから大人っぽくなってはイカン。」と、少し絵を幼く戻して・・・そこからまた徐々に大人っぽくなっていったり、気をつけて戻したり・・・でも最終回はやはり大人っぽくなりましたね(笑)そこはホラッ、成長した感じで・・・ね。

な~~~んて感じで、今回の質問コーナーはこの辺りで・・・


ちなみに訴訟の方の応援メールは1458通、批判メール29通、批判も応援もしているメール12通です。(この批判もしてるが応援もしてるは、メールでご指摘があったのでこういう書き方にしています。)最終巻の感想と一緒にが多かったですね。もちろん最終巻の感想のみのメールは外してあります。そろそろこの数のカウントに意味があるのか?とも思いますが、やはり応援してくれる人へちょこっとでも反応や、感謝の気持ちをお返ししたいのでやろうと思います。

さて、GIGAZINEさんなどのニュースはもう見られた方もいると思います。更にいろいろインタビューを受けているのですが、そろそろ小学館側の意見が出始めると思います。先日も週刊新潮さんにインタビューを受けましたが、小学館側(サンデー編集部側)の意見がとても出ていました。自分の昔のアシさん達を編集部(?)が集めて(るのかな?)、いろいろ意見を自分に出してきてもいます。事実もあれば、事実でない事もあり、やはり事実でない事を言われると少し腹が立つ所がありましたが、そこは冷静に・・・
事実と、そうでない事はしっかりと答えておきました。あと、質問の仕方も何と言うか特徴があり、上手く答えれず、答えきれない質問も出ました。あとはもう、記者さんの書き方次第ですね。

新聞社さんなどのインタビューでも、自分の意見はとても少ないように感じるので、多分、ここから小学館側の言い分が沢山出てくるのではと予想します。(予想ですが)

どんな記事になるかわかりませんが、おかしい所があれば、またこのブログでも書いていきます。ここからが精神的につらいでしょう。でも仕方が無いです。がんばります。

しかし、質問コーナーなどはちゃんとやってきますのでそちらもどしどしメールをください。(でももうかなり質問が貯まってるのも実情なのですが(笑))

自分もゆっくりですが動き始めて形にしていかないと・・・プレゼンはそこからかな・・・?

ムッ、では、今日はこの辺りで!!皆様もお元気で!!



また、近日更新します。

こんにちは、雷句誠です。

金、土と、少し時間が出来たので田舎の両親の顔を見に行ってました。

今帰ってきて、メールを見たら174通・・・
ざっと、タイトルだけを見た所、訴訟の件もメールもありますが、
コミックス33巻の感想も多いようです。

更に、先日のブログで募集した「質問コーナー」のメールも・・・

ちょこっと今まだ時間がないので、近日更新したいと思います。
皆さん、メール本当にありがとうございます。

まずはお礼までです。
よし、がんばるぞ。

追伸・・・
カウンターが100万を突破している・・・凄いですよ・・・

雷句からのご挨拶
雷句誠への感想メール等はこちら
raiku-nopost∞memoad.jp
上記アドレスの∞を、@に変えて送ってね。
※申し訳ありませんが、お仕事、インタビュー、ボランティアの依頼等はこのメールに送って来ないでください。もし送って来てもお返事は出来ませんので、ご了承ください。

ちなみにコメントの書き込みは出来ません。
いわゆる「荒らし」と言うものが発生すると自分の技術では対応できないのである。
ウフフフフ。    

雷句誠/BIRGDIN BOARD Corp.
金色のガッシュ!!完全版(電子書籍)
VECTOR BALL
どうぶつの国
ツイッターよ♡
QRコード
QRコード
月別アーカイブ