雷句誠の今日このごろ。

漫画家 雷句誠のブログです。 週刊少年マガジンで「VECTOR BALL」連載中!! 過去の代表作「金色のガッシュ!!」「どうぶつの国」

2008年08月

今のうちに更新。

さて、この数日の事を私事だけ今のうちに更新!!

金曜日、先日の日記で、ぶなさんと言う名古屋のバイク仲間の先輩のところへ手羽先を食べに行く。途中、ヤマハのエンジニアをやってるバイク仲間さん、Kらさんと合流。ヤマハのコミュニケーションプラザと言うバイクの博物館を案内してもらう。
画像

たくさんのバイクがあるが、私の心は手羽先だ。そう、手羽先である。(ヤマハさん、ゴメン。でも素晴らしいバイクばかりでしたよ。)

Kらさんと共に愛知の豊明へと向かう。待ち合わせ場所でぶなさんと、神奈川組のなOさんと合流。なOさんも手羽先に釣られ、愛知の研修先から合流である。まずはぶなさんの家にバイクをおいてから、手羽先店へと行くのだが、ぶなさんの家につく前にKらさんがはぐれる。

な・・・何をやっているのだ?!・・・・

しかし、無事合流し、手羽先店へ
画像

ああ・・・やっと手羽先だ・・・
画像

食べました・・・もしゃもしゃもしゃもしゃ・・・・ああ・・・美味い・・・甘辛く、香ばしく、もしゃもしゃもしゃもしゃもしゃ・・・・ああ・・・ビールが進む・・・手羽先も進む・・・ああ・・・美味い。皆さんも沢山食べます。オカワリを頼みます。手羽先、思ったよりも自分好みの味で最高でした。美味しいものを食べると、幸せになるのですね・・・

食べながら、翌日の中部の峠ツーの話になる。
「え?!今回って、手羽先食べて帰るだけじゃないの?!」
ぶなさん、Kらさん、なOさん、ともにあきれる。
何のためにみんなバイクで来たのだ?!
もちろん時間は作ってきたので、予期せぬ峠だが、翌日を楽しみにぶなさんのうちで一泊させていただく。

すると翌朝・・・
画像

この間遊びにきたぶなさんの子供達がこのようなものを・・・そうである。8月23日は私の誕生日である。フッフッフ。ありがとう、子供達よ!そして美人の奥様がこのようなものを・・・
画像

手作りケーキなど何十年ぶりだろうか・・・ありがとう、ぶなさんの美人な奥様。

あ、もちろんメールでお祝いをしてくれたファンの方も沢山いました。沢山のメール、本当にありがとうございました!!みなさんのメールは大切に保存しましたよ。

翌日、いざ、峠を攻めにお山の道へ!
Kらさんは朝早くに友人の結婚式のため離脱します。代わりに今回の道先案内人として、ぶなさんと同じく愛知組のO澤さんが合流。揃ったバイクは、スパーダ、FJ、ディグリー、そして我がルーンちゃん。自分だけずば抜けて重量級だ。(FJもそれなりの重さですが)天気は雨だし、だいじょうぶかな?!と、思うも我がテクニックでスムーズに・・・・なんてのは嘘、途中、下りのヘアピンで倒しすぎて転びそうになる。とっさに地面を蹴って持ち直したが、この件以降はビクビクライディングでゆっくりペース。でも、ちゃんと無理をしなかったおかげで、今回のツーの目的地、ソースカツ丼店につく。普通盛りを頼むが、でてきた現品を見て焦る。
画像

ギ・・・ギガ飯だ!!(いわゆる超大盛りが売りのメニュー)

自分も年を取ったものである・・・最後の一切れ・・・・最後の一切れが・・・グブッ、あ・・・後一切れが・・・味は悪くないのである、美味しいのだ・・・あと・・・あと・・・

悔し涙を流しながら、帰路へとつく。美味しかったのに・・・美味しかったのに・・・・

さらに翌日のお昼に小野智彦弁護士さんのご家族が遊びにくる。そう、やはり子供が我がスタジオに来たがっていたのだ。夏休みなのです。ここ最近子供達の来訪続きはそのせいもあるのです。幼稚園児のしんのすけ君、最初は緊張してまともにお話もできなかったのですが、扉に隠れながらこっちをちらちら、お父さんの陰に隠れながらこっちをチラチラ、まずは絵をお願いされたのでウマゴンとガッシュを描いてあげる。とても喜んでくれた。御礼にしんのすけ君はマジックを披露。「スゲエ!!本当にタネが解らないぞ!?」父親の英才教育が効いている。この歳で大したものだ。ここあたりからしんのすけ君が打ち解け始めるのだが、「リモコンでうごくものない?」との事。普通の30代の男のうちにはそんな都合の良いものはなかなか無いのだが、私はある。「空飛ぶドラえもん」を地下から引っ張り出し、遊ぶ。しんのすけ君は大喜びで遊ぶ。ドラえもんがデンジャーな飛行をすればするほど喜ぶ。ドラえもんは全身を強打するが笑顔は崩さないタフガイだ。しかしそのうちしんのすけ君もゆっくりドラえもんを着地する術を学ぶ。さらに大喜びだ。

しんのすけ君と私がズーーーッとドラえもんで遊んでると、父親である小野弁護士さんと、その高貴な感じの奥様は完全に置いてきぼりにされて、仕事場でまったりお話をしてました。帰ろうとするお父さん、お母さん、ドラえもんで遊びたがるしんのすけ君、最後に食事をしたのですが、最後までドラえもんと別れるのが辛いしんのすけ君。粘る。ホラホラ、お母さんに怒られてしまうぞ。
最後はやはり親になだめられて、無事帰って行きました。しんのすけ君、また遊びにくるが良い。

ええ・・・なんだか結構毎日何かあるような毎日です。楽しいですが、何だかここから先もちょこっと予定が一杯な自分。隙を見て更新したいですが、更新が無くてもちょこっとお待ちくださいね。質問コーナーもなかなかできなくでゴメン。あと、質問コーナーで、以前の日記で答えた質問がまた来る事が多くなってます。最近見始めた方は、良ければ以前の質問を見てみてね。

ではでは、またまた~~~~~~。

ニコラス君、来訪。

今日、アメリカのシカゴからニコラス君が遊びにきました。

ニコラス君、実は難病と闘う12歳の少年です。
自分が以前、チャリティーオークションでもお世話になった、「メイク・ア・ウィッシュ」と言う、難病の子の夢を叶える事が目的のボランティア団体さんから、今回の訪問のご相談を受けていたのです。ニコラス君は日本のアニメやコミックが大好きな子。闘病中、ガッシュのアニメやコミックも読んで治療を頑張っていたのです。で、「雷句誠先生に会いたい」との事。光栄この上ない。もちろん自分はオッケーですと答えると、ニコラス君側は体調が安定した最近、「日本にも行けるよ」との主治医さんの言葉を受け、遊びにきてくれたのです。やったぜ、ヘイヘーイ。
画像

まずは玄関でご挨拶。ニコラス君はご家族、(お父さん、お母さん、叔父さん)で来てくれました。私は言う。「ナイストゥーミートゥー。」ニコラス君達も言う「ナイストゥーミートゥー。」ハッハッハ、私の英語も通じるじゃないか。でも、ちゃんとボランティアの通訳の人も来てくれてますよ。最初、ニコラス君は緊張してましたが、「私が雷句誠だよ。」と言うと笑顔を見せる。笑うとかわいいのよ、ニコラス君。

ご家族に支えられながら家に入り、まずは質問を受ける。「いつから絵を描き始めましたか?」「絵が上手くなるには、どんな事をしましたか?」「お話はどうやって作りますか?」などなど、それぞれちゃんと答えるとそれぞれに納得のニコラス君、そして、ニコラス君も絵を描くのが好きと言う事で、スケッチブックを見せてもらう。そこに描いてあったのは沢山のモンスター。凄い迫力のものもあれば、かわいいものもあり。そしてかっこいい騎士の絵もあり。自分の魔物コンテストの入賞作品に引けを取らない出来で驚く。さらに驚いたのはとても迫力のあったモンスター2体、1体が辛い抗がん剤治療を現したもので、1体は自分の病気を現したもの。ニコラス君自身を苦しめているものを、ニコラス君が絵にしていたのです。この点は凄いし、驚きました。どうりで絵の持つ力が凄いと思ったものです。子供の感情を絵にする力を真直に見たのは初めてでした。でも先にも話したように、かわいい魔物もいる。「友達のモンスターもいるよね?」と聞くと、「ちょこっとね。」と、照れ笑いのニコラス君。ページをめくって行くと、「あれ?これはちょこっと違うかな?」と思った絵のページが現れる。ニコラス君の母親が「ああ、それはお父さんが描いた絵よ。」絵がユニークだったのもあり、一同大爆笑。除雪の仕事をしている叔父さんが雪だるまになっている。残念ながら絵の腕は、ニコラス君の方が達者である。全部の絵を見終わって、とにかく良かったのでニコラス君を褒める。これからも描き続けてね。

そして、絵を描いてほしいと言う事で、B4の紙に漫画と同じようにガッシュと清麿のイラストを描く事に。とにかくニコラス君は漫画家がどうやって絵を描くか?これを見てみたかったようで、下書きからペン入れ、そして仕上げまで、となりでまさに「凝視」してました。自分もちょこっとニコラス君に見やすいように絵を描く。きっと、40~50分はかかったと思いますが、片時も目を離さず見ていました。完成して渡すと本当に喜んでくれる。嬉しいねぇ。ニコラス君、自分が絵を描いている途中で鏡を使ってた事が気になっていたようで質問してくる。鏡はデッサンの狂いを確かめる事と、手などを描く時に自分の手を見ながら描く事を教えてあげると、とても納得。感心してくれる。この子は本当に絵の勉強がしたいんだなぁ。とこちらも感心。頑張れ、ニコラス君。

絵を額に入れて、お母さんに渡す。最後に記念写真をみんなで撮る。カメラマンの叔父さんが、とても愛嬌がある、ご家族全体がとても良い感じなのである。とてもお互いを大切にし合っています。愛情がとても溢れてるご家族で、見ているとこちらも嬉しくなるものです。 

最後の質問では、ニコラス君の緊張も解けてきたのか、話しかける度に笑顔で返してくれました。かわいいのう。後で事情を聞くと、ニコラス君は治療の後遺症で表情がでにくかったようです。が、とても笑顔になっていましたよ。

最後に握手をしてお別れです。元気にまた笑顔を見せてくれます。その元気だぜぃ!
とても明るい叔父さんは最後まで手を振ってくれました。

最初は自分もとても緊張しましたが、とても幸せな時間がすごせれましたね。フッハッハ。

そして、やはり子供は強い!難病などものともせず、(いや、本当に苦しい時もありますが)元気に今を生きてました。こんな強い子にガッシュが愛されて、なかなか私、幸せな気分でしたよ。また、元気な姿でぜひに会いたいですね。

とても嬉しい1日でした。

ここ数日の事をだらだらと・・・

日記の更新が結構間が空いている事に気付きます。
それだけ時間を使い始めたと言う事ですが、

まあ、よく遊んでもいるのでその辺りを・・・

お盆、自分はやはりお墓参りに・・・これだけでお盆はいつも終わっている気がします。
今年も変わらず親孝行とご先祖孝行をして、終わりました。(そろそろ般若心経は経典無しで唱えれるようにならないとなぁ・・・)あ、初めて伊勢神宮さんの方にお参りも行ったりしましたよ。

そしてこの夏は映画が豊作だったので、その辺りの感想を・・・(と言っても3本くらい)

まぁ、ポニョはこの間感想を書きましたので、
まずは「ドラゴンキングダム」
いわゆるジャッキー・チェンとジェット・リーが戦うって話題のアレです。いや、これはジャッキーとリーがしっかりと戦ってくれたので、とにかく嬉しかった。逆に、主人公が同情したくなるほど2大カンフースターに押されてかわいそうでしたが・・・
この作品で個人的に嬉しかった事、ジャッキーが主に酔拳を使う達人なのですが、しょっぱなから馬の上に寝転がって、いわゆる「ご機嫌!ジャッキー酔い!」が見れたのが個人的なヒットです。「あはははは~~~。」って感じで酔っぱらうジャッキーは見てても楽しくなりますね。ハッハッハッハッハ。アッハッハッハッハッハッハッハッハ。アハハハハハハハハハハハハ!カカカカカ・・・・

いやいや、笑いすぎました。・・・ジャッキーは、こうじゃないとな。

やはりアクションが昔ながらの酔拳、蛇拳、虎拳、小林拳など、わかりやすい型、拳法を使ってくれるのが嬉しいです。

そしてお次はバットマンの「ダークナイト」
「暗い夜」って意味じゃないですよ。「暗黒の騎士」って意味です。自分はラストまでずっと「暗い夜」と思ってました。まあ、CMの時からジョーカーの悪役っぷりにもの凄く期待してたのですが、予想以上の悪役で・・・久しぶりに凄い悪役が見れました。あれほどカリスマ的な魅力を放つ悪役を作れるって凄い。もちろん道徳的には最悪の奴ですが・・・とにかくこのダークナイトは凄かったです。コミックのバットマンではなく、リアル世界でのバットマン、そしてその世界にでてくる史上最悪の悪。ジョーカーです。自分的にジョーカーは滑稽的な悪役と位置づけられていたのですが、この映画のジョーカーは正真正銘、バットマンに相対する究極の悪でした。そして上映時間を見てなかった自分としては「ここまでどんでん返しが続くのか?!」ってくらい、先が読めなかったです。前回の「バットマンビギンズ」では全く気にならなかったのですが、今回はさすがに監督を確認したくてパンフレットを買う。

「クリストファー・ノーラン」

・・・・誰だこれ?と思ったのですが、略歴を読んでみると「メメント」をとった監督さんです。それを見た時に「ああ!!あの監督さんか?!出世したなぁ。」などと思ってしまいました。やはり才能ある監督さんにお金を与えると凄い物作るんだなぁと、おもいました。(前のビギンズでは全く引っかからなかったのですが・・・(汗))

あとは押井守監督の「スカイクロラ」ですね。
あれは大人のアニメです。そんな感じの良い雰囲気がありました。逆にパトレイバーのムービーと同じ様に、子供が期待してみると感性が追いつかないと思います。「決められた世界」で、あがこうとするキャラクター達のせつなくもはかない青春劇と、自分は感じました。あと、飛行機が好きなのでその辺も楽しめました。なにより絵が動くのが好きなのでこのレベルのアニメが見れる事が、何より嬉しかったです。

後の映画は・・・あれ?!これだけかな?まあ、3作ですが豊作でした。
いずれも初日か数日後に見れました。こんなとって連載時は無かったものなぁ・・・

などと言う事で今回はこの辺りで・・・
明日・・・いや、もう今日か?また子供が遊びにくるのでそろそろ寝ないと・・・
では、またお会いしましょう~~~~~!

子供達来訪。

10日の日曜日、名古屋の先輩ご家族がやってくる。
夏休みを利用して、小3、中1の子供を連れて遊びにきたのだ。

ぶなさん家族はお父さんがよくバイクで私と遊んでるのを、
子供達がいつも羨ましがっていたと言う。

玄関でお出迎えをして、挨拶を交わしたらすぐに子供達とガッシュ談義に。子供達に緊張は無い(笑)一通り仕事場を案内して「漫画家の仕事場」を見せてあげる。フィギュアの棚など、ちょっとした自慢である。ハッハッハ。しかし子供達も負けじとガッシュカードのコレクションや、マイDSのストラップコレクションなどを自慢してくる。DSのガッシュのゲーム、友情の電撃の全クリ画面も披露。「やるな?!」と、感心。

と、ここで兄のたかゆき君が私に手紙をくれる。その場で読もうとしたら「後で読んでください」と、照れている。後で読んだら応援のお手紙であった。よし、次回作も頑張るぞ。
ちなみに「極秘」の紙には私の新しいサインの案を書いてくれていた。中には「雷句誠」では無くて、「マコチンチン」と言うサインの案も入っていた。これが「チンチン」だけだったら一体何のサインかわからなくなるが、なかなか頑張ってくれたぞ。
画像

弟のひであき君は、自作のビクトリームのカバンを見せてくれる。(私に献上する訳ではない。)
画像

なかなか愛しい出来である。こう言う物を学校の課題とかではなく、普通に自分の創作意欲で作ってくれるのはとても嬉しい。今回の来訪前から、父親いわく、「今、フェルトを一生懸命V字型に切っとるぞ。」との事。良いVだぞ、ひであき君。
画像

このカバンに私のサインが入ると完成と言う事で、ビクトリームの絵を入れて、サインをし、完成に至る。ハッハッハ、見事な出来だぜ!!ベリーメロンだ!!

その後もひとしきり子供達と遊ぶ、たかゆき君は「今日は雷句誠になりたい」と言う事でハンモックに乗せて上げる事にした。ゆらゆらとハンモック上で左右に揺れてその表情はとてもご満悦だ。それを見て羨ましがったひであき君もハンモックに揺られる。兄と私で激しく揺らすと更に喜ぶ、兄、弟、ともにデンジャーなほど揺らして遊ぶ。さすがに一回転はしなかったが、こう言う時、子供はさすがに容赦がない(笑)

私が子供の相手をしていると、ぶなさん夫妻はWiiでテニス、野球の大勝負をやっていた。我々もその勝負にまざり、最後はボウリングでしめて晩ご飯へ。

ご飯を食べながらいろいろと語る。ぶなさんも私と喋りたかったのだが子供達が質問攻めをしてきてなかなか会話ができない。ぶなさん、子供がご飯を食べてる時だけ喋る口がふさがってるのでその間にお話。いろいろ話し、今度は名古屋に手羽先を食べに行く約束をする。フハハ、楽しみだぜい。

そこでぶなさん家族はホテルに、私は家に帰る。いや~~~、元気な子達だったのう。また名古屋に行った時は質問攻めに合いそうだ(笑)

ちなみに話は変わりますが、先日受けた健康診断の結果が出ました。
ほぼ異常無しで一安心。心配していた肝臓と眼底検査が全く正常だったのが嬉しいですな。フッフッフ。
まあ、注意事項で「運動をしましょう」と、「お酒を控えましょう」と、「甘い物や果物を控えましょう」がありました。太ってる・・・訳じゃありませんよ。ウエストもメタボにはひっかかって無かったし。筋肉が重いだけですよ。太ってる訳じゃありませんよ。


やはりアマゾンって素晴らしい。

こんにちは雷句誠です。
最近毎日のように夕立が来ますね。結構不意打ちを食らってぬれてます。オヨヨ・・・

さて、最近資料探しで本を物色してるのですが、その本探しでとても役に立ってるのがアマゾンさん。「アー・マー・ゾ~~~~~ン!!」のアマゾンではありません。ネットショッピングのアマゾンです。一昔前は大型の本屋さんを何店も渡り歩いたところで、目的の本は、良くて1、2冊だけ、見つからない事がざらだった訳ですが、今は条件を入力して検索かければズラ~~~~ッと目的の本が出てきます。漫画家や物書きの人は本当に嬉しい時代だと思います。(でも、本によっては3~5週間後にお届けとか、緊急の時はマズいのですけどね。)ああ・・・でも一番欲しい本の到着が9月か・・・まあ、待とう・・・

そして、応援メールの方で海外のファンの方達(多分韓国だと思います。)が、お絵描き掲示板のような物で、沢山の方々の絵を描いてくれました。海外の人も絵がうまいなぁと思いつつ、とにかく気持ちが嬉しいのと、貴重だと思いますのでこちらでご紹介。下のURLをクリックです。
http://gashbell.exblog.jp/
海外ファンのユリさん、そして絵を描いてくれた皆さん、ありがとうございます。
沢山の絵、応援文、本当に嬉しいですよね。

さて、質問コーナーの方が間が空いてしまってるので
言ってみましょうか!!

∈紗穂さん/“ガッシュ"のキャラの名前の由来教えて下さい!

∋雷句/え~~~、「語呂」です。口に出して、しっくり来るかどうかで決めました。最初は「ナッシュ」とか、「マッシュ」とかいろいろと迷っていたのです。どの言葉にも深い意味はありません。そして最後に「ガッシュ」になりました。強い感じが出ましたよね。

∈匿名希望さん/雷句さんは、金色のガッシュ!!のキャラクターの中で誰が1番好きですか?ちなみに僕はナゾナゾ博士です

∋雷句/全員好きです。適当に描いたのも中にはいますが、やはり全員好きです。でもやはりガッシュ、清麿がトップですね~~~。

∈匿名希望さん「リオウの中からバニキスが出てきましたが、リオウの中はどうなってるのですか?まさか・・四次元空間・・・?」

∋雷句/そう・・・ですね・・・バニキスが一人、やっと入れるような空間があります。ちょっとした4次元空間の様な感じですが、せまいです。レベルが上がると、6帖一間くらいになって、ベッドやTVもおけるようになりますよ。バニキスは結構、カプセルホテルのような空間ですごしていたのですね。

∈アイスココアさん/僕は朝、昼、晩しっかりご飯を食べてるのに、ザケルができません。なんかコツみたいのはないのですか?

∋雷句/昔ね、アイスココアさんと同じように、腕立てと腹筋を続けているのに「かめはめ波」がでないって子が、そこら中にいた時があってね。その子達と同じ理由だと思うのですよ。フッフッフ。

∈魔界王さん/ゴームの術の「ジンガムル・ディオボロス」を出す際の「ウィー・ムー・ウォー」も術の一部なんですか?また33巻のヨポポの「ヨポポイ・トポポイ・スポポポーイ」は術なのでしょうか?

∋雷句/もちろん「ウィー・ムー・ウォー」も術の一部です。長い術ですよね~~~~。そして「ヨポポイ・トポポイ・スポポポーイ」も、もちろん術ですよ。

∈ワルサーPPKさん、匿名希望さん、その他大勢さん/清麿の卒業式で歌われていた歌の題を教えて下さい。僕らの卒業式の歌で提案したいのです

∋雷句/おどろいたのがこの質問です。はい、あの歌は「仰げば尊し」です。今の子達は「仰げば尊し」を知らないのですね。しかも同じ内容の質問が5、6通も来ました。私が学生のころはこの歌が卒業式の歌と言うのが当たり前だったのですが・・・時代の流れなのですね・・・音楽の教科書にも載ってないのかなぁ・・・さみしいなぁ・・・

∈なっつ~さん、その他大勢さん/コミックスを読みなおしていて思ったのですが、11巻のナゾナゾ博士の「上は赤色、下は緑色、そんな私のペットの名前はな~んだ?」…なんなのですか?とても気になります。教えて欲しいです

∋雷句/「赤緑ちゃん」だよ。そこのページの折り合わせのところに、こっそりと答えが書いてあるんだよ。ウフフ。

∈ライクの歌さん/大きなライクを眺めたらーしーろいライクが飛んでいたー 今日ーは楽しー 今日ーは楽しー ライキング そーろそーろブログの更新日ー ライクさん ライクさん ライクさんは 愉快だなー

∋雷句/お・・・おい・・・君・・・そんな・・・君・・・その時その時の感情のママに書いてきたら・・・君・・・そんなやりたい放題じゃ・・・君・・・・

∈アースです。さん/ナオミちゃんって研ナオコからとってますよね?

∋雷句/お・・・おい、君・・・よく気付いたな・・・・君・・・なかなか気付ける物じゃないぞ・・・君・・・ナオコだよ・・・ぜ・い・い・ん・しゅ・う・ご・う。

∈ヒカリカギさん/山中は中体連で「燃えて消える魔球」を使えたのですか?そして大会の結果はどうだったんですか?

∋雷句/ハッハッハ、使える訳がなかろう。試合はもちろん、惨敗だ。ハッハッハッハッハ。

∈リックさん/「雷句先生が超能力を使えるって本当ですか?」

∋雷句/ハッハッハ、使える訳がなかろう、何を言ってるんだ、アッハッハッハッハッハッハッハ。

∈サタンジェネラルさん/本当の本当に超能力使えるんですか!?僕は使えないので、使えたら教えて下さい!魔法でもいいです!

∋雷句/ハッハッハ、君まで何を言ってるんだ?!使える訳がなかろう。アッハッハッハッハッハッハッハッハッハッハッハ。

∈佳那。。。さん/雷句先生は魔法が使えるとか、超能力が使えるとか、空を散歩してるって噂は本当ですか?聞いてほしくて言ったんだろ?的なネタです /クスクス

∋雷句/おいおい、見抜かれてるよ。アッハッハッハッハッハッハ。みんな、沢山のメール、ありがとうね!アッハッハッハッハ、アッハッハッハッハッハッハッハッハ!

いやぁ、今回も良いオチがついたところでまた次回かな?みんな、暑い時はビアガーデンなんか、最高だぞ。みんなとワイワイ、大ジョッキガキーーーンだ!!

では、またまたーーーーーー!


雷句からのご挨拶
雷句誠への感想メール等はこちら
raiku-nopost∞memoad.jp
上記アドレスの∞を、@に変えて送ってね。
感想コーナー・質問コーナーも
このメルアドで届きます。
※申し訳ありませんが、お仕事、インタビュー、ボランティアの依頼等はこのメールに送って来ないでください。もし送って来てもお返事は出来ませんので、ご了承ください。

ファンレターなど、お手紙はこちらへ送ってください。ちゃんと私まで届きますよ。
〒112-8001
東京都文京区音羽2-12-21 講談社
週刊少年マガジン気付
「雷句誠」宛

ちなみにコメントの書き込みは出来ません。
いわゆる「荒らし」と言うものが発生すると自分の技術では対応できないのである。
ウフフフフ。    
VECTOR BALL
どうぶつの国
金色のガッシュ!!
ツイッターよ♡