雷句誠の今日このごろ。

漫画家 雷句誠のブログです。 週刊少年マガジンで「VECTOR BALL」連載中!! 過去の代表作「金色のガッシュ!!」「どうぶつの国」

2009年09月

お知らせ。ご免なさい。

リク「雷句君・・・お知らせしなきゃいけない事があったのでは?」
画像


雷句「あ!ああ!!あああああ!」

すみません、8月21日のブログで掲載した情報のうち、今日の午後9時から収録予定のネットラジオ
・Yahoo!動画オリエンタルラジオの番組出演(生放送)が、10月の初旬へと延期されました。なので、今日のYahoo!のネットラジオは中止となります。ごめんなさい、昨日のうちにこの情報を出さねば行けませんでした。

雷句「リク、リク、そんな顔しないで、ほら、お知らせしたから!!」


リク「ブラッシングといい、君にはがっかりだよ・・・・雷句君。」
画像


人気ブログランキングへ

いろいろと嬉しい感想。

皆さんこんばんわ、雷句誠です。

さて、別冊少年マガジン、週刊少年マガジン41号が発売されて、「どうぶつの国」「どうぶつの国~エピソード0~」の感想が届き始めました。
画像
画像
モノコが可愛い、面白かったとの感想が多く、とても嬉しいです。そして、その感想と共に「別冊少年マガジン」が置いてあるコンビニが少なく、週刊少年マガジンの「エピソード0」の方は読めたけど、本編「どうぶつの国」が、まだ読めていない人が多いようです。なので、今、自分の所に来るメールでは「本編」よりも実は「エピソード0」の感想の方を多くいただいています。

「別冊少年マガジン」をお求めのときは「書店」さんの方へお買い求めください。書店さんだと確実に手に入ると思います。

しかし、やはり生の感想が届くと言うのは嬉しい事ですね。そして、自分の周りにはやはり自分の世代の友人が多いのか、「月刊少年マガジン」に載った読み切り「アオソラ」の感想がとても多く届いています。
画像
普段漫画を読まない方からの感想が多く、その内容も、大人のご意見と言いましょうか・・・とても深い感想をいただいています。本当にありがとうございます。

リク「雷句君・・・最近ブラッシングをしてくれないね・・・」
画像


雷句「ハハッ!!スミマセン、リク様!別冊少年マガジン創刊にあたり、沢山取材を受けておりまして・・・では今すぐ取りかかりましょう!!」

リク「フム・・・忙しいのは結構だが、やはりブラッシングはしてくれないと・・・」
画像
雷句「すみません・・・ブログの更新ももうちょっとで毎日更新から、定期更新にします。動物の写真も徐々に在庫が尽きてきましたし・・・」

リク「本当かい?!じゃあもっと頻繁にブラッシングをしてくれるんだね?!」
画像
雷句「いや・・・漫画に集中したいのもありますが・・・さすがに毎日更新は大変だったですよ。」

リク「へへへへへ~~~~、そうかそうか、ブラッシングが増えるか・・・へへへへへへへ~~~~。」
画像
雷句「ハッハッハ、嬉しそうですな、リク様、でも、ブラッシングが増える訳ではありませんよ、漫画の方に集中して・・・」





デン!
画像
リクの抜け毛↑

リク「おい!雷句君!!どれだけブラッシングさぼってたんだよ!?やっぱりブラッシング増やせよ!!」



終わり。


さて、今日は自分の年上のご友人である松井康陽さんの個展に行ってきました。陶芸をやってらっしゃるのですが、本当に素晴らしい作品ばかりです。詳しくはこちらにhttp://www.mitsukoshi.co.jp/store/1010/art/このような本当にに色鮮やかで力強い作品を沢山出されています。本当に素晴らしい作品達でした。
画像
自分の取ったこの写真では、素晴らしさは充分につたわらないと思いますので、ご興味を持たれた方は是非、足を運んでいただけるとよいかと思います。作品自体はやはり大人気で、大部分の作品に売契約が取られてしまっていますが・・・(凄いです。)
いろいろお話もできて嬉しかったです。ありがとうございました。


オマケ

満足そうなリク
「♪フンフンフ~~~~ン、フンフフ~~~~~♪」
画像



人気ブログランキングへ

別冊少年マガジン、週刊少年マガジン41号、発売されています!

ハッハッハ。雷句誠です。
別冊少年マガジンと、週刊少年マガジン41号、発売されています!!
画像
やはり本になって書店さんに並ぶのはとても嬉しい事ですね。

別冊少年マガジンは、コンビニにはあまり回ってないようなので、(自分が探した結果といただいた感想メールの情報ですが)お買い求めの際は書店に行った方が確実のようです。是非、手に取ってご覧下さい。

別冊少年マガジンを手にして思った事は、「若い力が溢れている」と言う事です。特に新人さんの新連載に面白かった作品がとても多かったです。

確かに新人さんの作品と言うものはまだ線が荒く、構成的にも構図的にも読みにくい所があります。

「取っ付きにくい」と思えるものもあると思います。が、是非全てをじっくり読んで見てください。お話的に面白く、そしてキャラがそれぞれたった作品が沢山あります。それぞれが新しい才能を持ち、素晴らしいキャラでお話を造り上げています。自分も正直、最初は読みにくいものを外して読みましたが、全ての作品をしっかり読むと・・・

それぞれ驚くほど面白かったのです。ほぼ全てです。

沢山の漫画雑誌で新人さんの作品が連載を始めますが、この雑誌ほど「新人さんの新連載に恵まれている」と思った事はありません。月刊のせいもあるでしょう。ファンタジーでも設定などを含め全て一話完結で入りやすく、そして独創的に作ってあります。そしてなによりキャラの大切さを皆さん知って描いています。

「この作品でオレは世に出てやる!!」

そんなパワーが溢れている作品ばかりでした。私、「手を抜いたものを描いたらヤバい!!」と、真剣に思いました。ええ、やはり負けたくありませんから。

この情熱を是非、別冊少年マガジンから感じていただけると嬉しいです。自分は読んでいてとても嬉しかったですよ。

よい雑誌になっています。よい作家さん、作品を集めています。別冊少年マガジン、発売されています。

牛になって、ムツゴロウさんの胸に飛び込む。

~きっと一生の思い出~
画像
『私が牛になって、ムツゴロウさんこと畑正憲さんにアタックしている図』


はい、こんばんは、漫画家の雷句誠です。
今日、「どうぶつの国」の掲載される「別冊少年マガジン」発売の記者発表会にいってまいりました。場所は銀座のアップルストア。とてもオシャレな店内で、イベントスペースもオシャレです。そんなところで、「記者発表会」とは大嘘な「キャイ~ン天野さん、ボビー・オロゴンさん、ムツゴロウさんのショートコント」が行われました。

編集長さん、別冊少年マガジンの班長さんのあいさつから始まり、ミスマガジンの小林さりさんと、菊里ひかりさんが雑誌をお披露目してくれます。
画像


キャイ~ンの天野さんが登場です。
画像


天野さん、本当にプロフェッショナルな方で、しっかりと自分の「どうぶつの国」はもちろん、「別冊少年マガジン」全て読んで、それぞれの感想をしっかり言ってくれます。ええ、ここまでは非常に真面目に進んでいました。

お次はナイジェリア出身のボビー・オロゴンさんが登場!
画像
ここから会場の空気はお笑いの方向へ・・・

ボビーさんは故郷アフリカでの思い出を語ってくれます。
・チーターを2000円で買った。
・ハイエナはアフリカでは普通にペットとして買われている、何でも食べる。
・シマウマを蹴ったら数日家の前で待ち伏せされた。
などなど、リアルな面白話を沢山してくれます。私、大爆笑です。

と、ここで「どうぶつの王様」ムツゴロウさんの登場です!
画像
ムツゴロウさん、ボビーさんのシマウマ話しに食い付いて、シマウマのお話を・・・「シマウマの肉を生で食べたら、一緒に居たマサイ族が引いていた。でも、もの凄くおいしい肉だった」(向こうの人は肉を生で食べる習慣が無い、肉はライオンの食べ残したもの、ライオンは内蔵しか食べないとの事)など、これもびっくりするようなお話をします。後、ムツゴロウさんもちゃんと「どうぶつの国」を読んでくれて、「面白かった」と、言ってくれました。とても嬉しいです。中でもそのお話の中での動物の行動は実際にある事なんだよ。と、とても心強い感想も。本当に嬉しかったです。ムツゴロウさん、普段はもうお年もあって、とても小さく見えるのですが、動物について喋り始めると、もの凄いエネルギーを発散!!ボビーと同じ大きさに見えるくらいです。そして、お話しが止まりません!!その後も尽きないお話が続き・・・

司会「ボビーさんは牛とお話ができると言ってますが、実演してくれますか?」
司会「ムツゴロウさん、なんて言ってるかわかりますか?」
と、事態は怪しい方向へ・・・

ボビーさんが牛になって、ムツゴロウさんと触れ合い始めます。
画像

司会「おやおや、雷句先生も牛になりたそうですね~~~。」
と、人生最大の無茶振りを受けますが、ボビーさんとムツゴロウさんがとても愉しそうに触れ合っているのを見て、参戦。「モォ~~~~。」とムツゴロウさんにアタックを開始。
画像
こんな思い出は一生作れないでしょう。

そして、天野さんから「おやおや、担当編集さんも入りたそうですね~~~。」と、村松さんも無茶振りを受け、
画像
さらに天野さん「司会のお姉さんも入りたそうですね~~~。」と、最後は司会のお姉さんも参戦し、事態は収拾つかなくなってきた所で締めに(笑)

最後は皆さんと撮影をして終わりました。
画像
私、髪の毛乱れてますね・・・・(笑)

ムツゴロウさん、天野さん、ボビーさん、司会のお姉さん、小林さりさん、菊里ひかりさん、編集の皆さん、関係者の皆さん、本当にありがとうございました。別冊少年マガジンはいよいよ明日、9月9日発売です!!
画像
画像



オマケ 裏話1

最後の写真撮影の時、私の後ろにいたボビー・オロゴンさんが、「おめぇ、スゲエ汗だな。」といって、自分の後ろ髪をつまんでました。それを天野さんが、「さわっちゃダメだって」と、注意してるのが面白かったです。

裏話2

控え室でムツゴロウさんに最初のごあいさつをした時、「とても面白かったですよ、頑張ってください。」と言ってくれたのですが、その時の顔が本当に優しい顔でした。内面からの愛が溢れるような笑顔です。本当に素敵なひとときでした。

別冊少年マガジンは出来上がっています!

画像

画像
雷句誠です。はい、そうです。上の写真の雑誌は別冊少年マガジンです。出来上がっております~~~~!!

内容は・・・面白いです!!自分、レベルの高い連載陣に驚きました。皆さん本当に面白いですよ!!私、頑張らないと・・・負けないように頑張りますよ~~~!!イエ~~~~イ!!

そして、明日はアップルストアのイベント、そう私は牛に・・・牛に・・・ええ?!牛?!・・・・・・修羅の門が開かれました・・・・・何故漫画家の私が、このような火渡りをせねばならぬのか・・・?きっと村松さんの陰謀に違いない。フッフッフ、フッフッフッフッフッフッフ。

しかし、面白い漫画雑誌が創刊される事になりました。これは是非買ってください。創刊号は、みんな一話目なのでどの人が手にとっても、全ての漫画を最初から読み始める事ができます。当たり前の事ですが、読み始める雑誌に取って、これほど入りやすく、嬉しい事はありません。みんな、本当に気合いが入っています!!そう!!読みやすい!!

さぁ、明日のイベントも気合いを入れてがんばります!!
詳しくは明日更新で!!


雷句からのご挨拶
雷句誠への感想メール等はこちら
raiku-nopost∞memoad.jp
上記アドレスの∞を、@に変えて送ってね。
感想コーナー・質問コーナーも
このメルアドで届きます。
※申し訳ありませんが、お仕事、インタビュー、ボランティアの依頼等はこのメールに送って来ないでください。もし送って来てもお返事は出来ませんので、ご了承ください。

ファンレターなど、お手紙はこちらへ送ってください。ちゃんと私まで届きますよ。
〒112-8001
東京都文京区音羽2-12-21 講談社
週刊少年マガジン気付
「雷句誠」宛

ちなみにコメントの書き込みは出来ません。
いわゆる「荒らし」と言うものが発生すると自分の技術では対応できないのである。
ウフフフフ。    
VECTOR BALL
どうぶつの国
金色のガッシュ!!
ツイッターよ♡