雷句誠の今日このごろ。

漫画家 雷句誠のブログです。 週刊少年マガジンで「VECTOR BALL」連載中!! 過去の代表作「金色のガッシュ!!」「どうぶつの国」

2010年03月

東京都青少年保護条例の非実在青少年の規制について

まさに今日、反対の緊急集会が行われるようです。

私はその場に行けませんが反対です。

表現を規制する法案というのはやはりダメだと思います。マンガ、映画、芸術、文章、確かに目を背けたくなる表現はありますが、法律で規制をするというのは違うと思います。

しかも、今の状態では「ほぼ間違いなく通ってしまう」というのが怖い所です。

正直時間がなく、この条例を1から10まで全て解釈した訳ではありません、なので、細かい突っ込みがまだできないのが正直な所で情けないのですが、以下のワード

『青少年に対し、性的感情を刺激し、残虐性を助長し、又は自殺若しくは犯罪を誘発し、青少年の健全な成長を阻害するおそれがあるもの』

『年齢又は服装、所持品、学年、背景その他の人の年齢を想起させる事項の表示又は音声による描写から十八歳未満として表現されていると認識されるもの(以下「非実在青少年」という。)を相手方とする又は非実在青少年による性交類似行為に係る非実在青少年の姿態を視覚により認識することができる方法でみだりに性的対象として肯定的に描写することにより、青少年の性に関する健全な判断能力の形成を阻害し、青少年の健全な成長を阻害するおそれがあるもの』

このところは、是非、皆様も実際に条例を読んで、確認し、考えてほしいと思います。

これらについては一体何を基準にして、取り締まるのか?個人個人の受け方のよって、これらはいくらでも変わってきます。自分の作品の「金色のガッシュ!!」で、ガッシュがチンコ(すみません、こんな表現で)を出して登場したシーン、または、それ以降の出しているシーンも不健全という人は不健全と言い切ります。

正直、ほぼ全てのマンガが取り締まりの対象になるのでは?

マンガ自体、描けなくなってしまうのでは?

と、思ったりします。(もちろんこれはマンガに限られた事ではありません)


今、ネットで「非実在青少年」と検索すれば沢山これに関する記事がヒットします。


是非、皆様も考えてほしいと思います。

さて、今週水曜日!3月17日発売の週刊少年マガジン16号には・・・

さて、先週から発売されている週刊少年マガジン15号の予告を見て気付いている人もいると思いますが・・・

デン!
画像

はい、これが週刊少年マガジン15号に載っている16号の予告ページです。

はい、よってよって~~~!よってよって~~~!
ハイ、ドン!ワン・ツー・ドン!!
画像


「どうぶつの国」スピンオフ読み切り!
「モノコのコ」掲載です!!

今週の3月17日水曜日は「どうぶつの国」1巻の発売日!!その宣伝もかねて、同じ発売日の週刊少年マガジン16号に読み切りを描かせていただける事となりました!!

「モノコのコ」は、赤ちゃんを拾ったモノコが人間の世界に行き、人間の世界で子育てを始めるお話しになっています。リアルに育てます。

はい、タヌキが実際に人間の世界で子育てをします。神様が結構過酷な条件で人間界にモノコを送り込みます。8Pのショートが2話で16Pのお話です。ストーリーマンガではなく、ショートギャグと言う形でお送りします。

自分が最初に考えていたモノコのお話です。描いていてとても楽しかったです。ネームもかなり楽しく、そして早くあがりました。やはりモノコはこう言うお話でキャラが映えますね。誰もがすんなりとお話に入りやすくなっていると思いますので、「どうぶつの国」を知っている人も、そうでない人も、是非読んでみてください。

週刊少年マガジン16号は、3月17日水曜日です。はい、「どうぶつの国」コミックス1巻発売日と同じ日です。よろしくお願いいたします。
画像

別冊少年マガジン4月号!!発売です!!

はい!別冊少年マガジン4月号!!今日発売です!!
画像


さて、今回の別マガは濃いですよ!!まずは「FAIRY TAIL」の番外編がオールカラーで載っています!!多分、今、週マガの中でも一番忙しいと思われる中、真島先生が描き下ろしてくれました!!素晴らしい!!ありがとうございます!!桜のお話、良いお話でした!!

そして、我が「どうぶつの国」も、タロウザが、とんでもない決意をいたします。

そして、タロウザの赤ん坊のお話は今回で最後に・・・

ぜひ、手に取って読んでください!
私はもう、引き下がる事はできません。と、言いますか、描く気満々です!がんばりますよ~~~~!!次の回からタロウザがバンバン動き回りますしね。

ピーマンも今回は活躍いたしますよ。

で、別マガコミックスのフェアの情報等も載っています。

はい、別マガのくじ引きフェアに参加されている書店で「どうぶつの国」「超人学園」「進撃の巨人」「マルドゥック・スクランブル」「悪の華」これらのコミックスを買うと、「クジ」が引けます。で、ハズレ無しで景品がもらえます!!(クジの入っているコミックスの数には限りがあります。)良い景品がそろってますよ!!私も欲しいです。で、そのフェア参加書店の一覧が別冊少年マガジン4月号の112Pから117Pまで載っていますので、チェックしてみてください。で、更にサイン会の情報も載っています。

私、名古屋、大阪、東京と、3つ全てのサイン会に参加するのですが、どうやら、もうコミックスの予約と言う形で、サイン会の参加整理券を配り始めている所もあるようです。皆様も、是非、ご参加ください。石沢先生、諫山先生、お二方とも若くてカッコイイ男子でございます。ええ・・・若くてカッコイイです。ささ!!そこのお嬢様!!もちろん男の人も是非、サイン会に参加のほどをお願いいたします。

で、ですね、話しを別冊少年マガジンマンガの内容に戻しますが・・・今回の号は載っているどのマンガも素晴らしいですよ!!どのマンガも凄い気合いが入っています!!いろんな作品が急展開を遂げ、本筋にガツンと入って行きます!!熱いです!!是非とも皆さん読んでみてください!!もちろん「どうぶつの国」も本筋にガツンと入ります!!見ていただけると嬉しいです!!

では、今日はまだ私、作業をやっているのでここまで!!


ではでは~~~~~!!

スミマセン!更新遅れています!!

お久しぶりになります!雷句誠です!!

さてさて、スミマセン、本当に更新する暇がなかったのです。と、言うか、まだ全然暇じゃないのですが、更新更新です!!

2月27日に文星芸術大学にて、講演会をやってきました。とても良かったです。皆さん真剣に聞いていただけました。自分、上手く喋れる所と、上手く喋れないテーマがあり、途中かなり冷や汗が出たのですが、何とか皆様の暖かい支援で無事終える事ができました。主にガッシュやどうぶつの国のキャラクターデザイン等で、面白いお話ができたのではないのかな?と、思います。

来てくれた方の中には遠方から来てくださった方々も多数いて、(ガッシュ時代からのファンの方々です。)プレゼントやお手紙を持ってきてくれる人達がいました。とても嬉しかったです。本当にありがとうございます。

そしてまた嬉しかったのが、学生だけでなく、一般参加の方々の中でも、真剣に漫画家を目指そうとして、この講演を聴きにきてくれる人達がいた事です。まだ小、中学生と思われる子やアシスタントをもうやっている子、学生やアルバイトをしながら描いている子等、講演後の質問応答で、漫画製作にあたる上でのいろんな事を自分に聞いてくれました。質問応答の時間をかなりオーバーしてしまいましたが、聞いた人達は一生懸命にメモを取ったりと、有意義な時間が取れたと思います。

委員会の皆様も、本当にありがとうございました。丁寧な接待に助けられました。

そして、宇都宮でマンガを描いている「超人学園」の石沢庸介先生も忙しい中手土産までもってきてくれました!石沢先生ありがとう!!

そこで、文星芸術大学にて漫画を教えている元編集者講師の堀江一郎先生と、講演の前に個人的にキャラ作りについていろいろとお話を・・・とてもためになりました。自分もマンガを描く上で気をつけてる事、キャラに対して思っている事があるのですが、それでも忘れている部分、気をつけなきゃ行けない部分を映画を例えにしていろいろと教えていただきました。本当に自分もムムッと、助けられるお話を沢山聞けました。ありがとうございます。堀江先生。

その堀江先生からいただいた、漫画の教本です。
画像
「映画に学ぶ 魅せるマンガの作り方」

自分も読んでみて、もの凄くためになりました。そして、自分が忘れてしまった大切な事も沢山書いてありました。これからマンガを描こうとする方は、一読してみると、とても良いのではないかと思います。

さて、明後日3月9日火曜日には別冊少年マガジン4月号の発売!!そして3月17日水曜日には、とうとう「どうぶつの国」1巻の発売日です!そして同じく3月17日に週刊少年マガジンで・・・いや、これはまだ、3月10日発売の週刊少年マガジンにて予告が載ると思いますので、それを見てください。

ただ今コミックス2巻のオマケページを執筆中です!!まだだ!!まだまだなのだよ!!ハッハーーー!!ではではーーーーー!!
雷句からのご挨拶
雷句誠への感想メール等はこちら
raiku-nopost∞memoad.jp
上記アドレスの∞を、@に変えて送ってね。
感想コーナー・質問コーナーも
このメルアドで届きます。
※申し訳ありませんが、お仕事、インタビュー、ボランティアの依頼等はこのメールに送って来ないでください。もし送って来てもお返事は出来ませんので、ご了承ください。

ファンレターなど、お手紙はこちらへ送ってください。ちゃんと私まで届きますよ。
〒112-8001
東京都文京区音羽2-12-21 講談社
週刊少年マガジン気付
「雷句誠」宛

ちなみにコメントの書き込みは出来ません。
いわゆる「荒らし」と言うものが発生すると自分の技術では対応できないのである。
ウフフフフ。    
VECTOR BALL
どうぶつの国
金色のガッシュ!!
ツイッターよ♡