雷句誠の今日このごろ。

漫画家 雷句誠のブログです。 週刊少年マガジンで「VECTOR BALL」連載中!! 過去の代表作「金色のガッシュ!!」「どうぶつの国」

2011年06月

更新が出来なくてご免なさい。

感想コーナー、もうちょっと体力のある時にやります。

で、本当にどうでもよい日記。

地震で本棚から本が落下した時、下の人がケガをしない様に上の方の本棚に戸をつけます。私は図面を描きまして、これをアクリル板をカット、穴開けしてくれる業者にたのんで、後は蝶番とラッチをつけて出来上がり。アクリル板の厚さは4mm、結構な強度です。
画像



問題は、その取り付けの時間ですね・・・・・

45枚・・・・

あるんですよ・・・・・

自分の身長以上の高さで・・・・・

石巻市へサイン会へ行ってきました。

雷句誠です。6月18日19日と宮城県石巻市へサイン会に行っていました。宮城県石巻市は、東日本大震災の津波の被害がとても大きい町です。そこの子供達に笑ってもらおうと言う、そんな目的で行ってまいりました。

この企画を立案したのはビースマイルプロジェクトと言うボランティア団体(詳細はこちら→http://www.besmile.org/?action_home=1)の本そういちさん(漫画家)です。本先生のこの企画を森川ジョージ先生が知り、その森川ジョージ先生が今回私を誘ってくれました。今回の参加メンバーの漫画家さんは

細野不二彦先生
森川ジョージ先生
藤原カムイ先生
西原理恵子先生
藤栄道彦先生
藤沢とおる先生
西本英雄先生
福本伸行先生
本そういち先生
そして私雷句誠です。

18日は被災地を回り、お花を添えたりしました。
ここは日和山公園です。
画像


この公園からは津波によって被災した港が一望できます。震災直後、テレビで見た景色から随分ガレキが整理されていますが、それでもやはりその爪痕はまだまだ大きく、重いものでした。
画像
この景色を眺めていた森川先生が私のところに来て「僕たちの漫画を読んでくれた人達がどれだけここにいたと思う?辛いよね・・・」と、沈んだ表情で語りかけてくれます。本当ですね・・・

そして一望できるところにたくさんのお花が・・・私達もお花を添えてお参りをします。
画像


その後に石ノ森漫画館を訪ね、
画像


自衛隊の第20普通科連隊を見学しました。たくさんの車両があります。
画像

自衛隊の皆さんはこのテントで何ヶ月も復興の為に作業をしています。過酷だと思います。
画像
ここで活動内容などの説明を受ける事ができました。後でまた描きますが、自衛隊には本当に感謝です。

18日の最後、今日は被災から100日目という事で慰霊祭が行われていました。その大きな献花台にお花を添える時、ここで見た被災地の生の姿と亡くなった人への思いがわき上がり、自然に涙が出ます。

翌日の19日石巻市渡波小学校へ訪問、サイン会をします。サイン会開場につくと、森川先生がスッと子供達に駆け寄り、明るくお話を始めます。特別扱いではなく、自然に、近所の子供と接する様に会話してました。
画像


サイン会の様子です。ビースマイルプロジェクトのスタッフさんが写真を撮ってくれてました。この様に教室のなかでしました。
画像
ガッシュやモノコのサインをとても喜んでくれました。もちろん他の先生方のサインも大喜びしています。あらかじめサインボードにこのイベント用のイラストを印刷していたのですが、その上で実際に絵を描いて渡しましたよ。はじめはうつむきながら、モジモジして紙をもって来る子が、絵を描いて渡すと、パッと顔が明るくなるのですね。それがとても嬉しかったです。

この時はここの避難所でボランティアのお祭りの様な事が行われていて、とても賑やかです。
画像
町を車で見て回っている時は商店街は壊滅、活気を取り戻してきてはいるものの、まだとても寂しい感じがしていたので、たくさんの人が元気にしているこの姿を見る事はとても嬉しかったです。そしてボランティアの方々がこれだけたくさん動いてくれている事も・・・
画像
私達漫画家も参加しての餅つきも行ないました(写真は福本伸行先生ですよ。)写真でもわかるようにとても良い雰囲気でした。
画像
いろんな出店で明るい顔が見れました。子供達の笑顔が見れるのは本当に嬉しいですね。
画像
画像


その交流会からの帰り道は、被災の大きかった女川町を通って大川小学校へいきます。とある場所から大きな被害を受けた景色に変わります。
画像


言葉を失います。この様な景色がずっと続き、大川小学校へ・・・
画像


ここは生徒の7割が津波にのまれ亡くなりました。この様に献花台が置かれ、たくさんのお花が・・・
画像


私達もお花や漫画を供え、お参りをします。
画像
とても悲しい現実です。しかし、自衛隊の人の説明によると、ここの子供達よりも遥かに多い子達がこの被災で亡くなっていて、ここだけが酷いという訳ではない。もの凄い数の亡がらを捜索、収容したと言います。改めて、この災害の大きさ、酷さを感じます。気をゆるめると涙が出そうになります。

大川小学校を離れ、地元のラジオ石巻に出演し、最後に自衛隊の仙台駐屯地にお邪魔して自衛隊の活躍をみました。やはり、もっと自衛隊は誉められるべきです。一番辛い仕事(行方不明者の捜索、遺体の収容、ヘドロやガレキの撤去)をあのテントを拠点に何ヶ月もやり続け、街を本当に今の状態まで戻しました。被災直後のあのガレキの山、私は目の前にして「なんとかしろ」と言われても、きっと何も出来ません。どうして良いのかも解りません。それを車が通れる様にし、人が戻れる状態まで頑張ったのです。もちろん、ボランティアの方や、他の支援団体さんのお力も大きいと思いますが、自衛隊の活動は別格だと思います。感謝です。本当にありがとうございます。

心に多くのものを刻んだ今回の石巻市訪問となりました。継続的な支援が必要だと、改めて思いました。あと、日本人の底力も感じました。3ヶ月であの地獄の様な風景からここまで戻ると誰が想像できたでしょうか?もちろんまだガレキの山はそこら中にあります。 でも、確実に復興への歩みを進めています。

最後に食べた仙台のお寿司も本当においしかったです。森川先生が「俺が今回誘ったから」と、ごちそうしてくれました。「ここでお金を使うのも大事な事だ」とも・・・そのとおりですね。美味しくいただきました。

西本先生はウニのお寿司を笑顔で注文してました。

ごちそうさまでした。(写真には収めませんでしたがカツオの刺身が絶品でした。当たりです。)
画像
画像


本先生を始め、参加した漫画家の皆様、ビースマイルプロジェクトのスタッフさん、宇和川恵美さん(声優さん)2日間ありがとうございました。食事の時はとても楽しくお話が出来て、それぞれの訪問地で、たくさんの感想を語り合えました。始めて合う漫画家さんも多く、それでも皆さんと仲良く今回の旅を歩く事が出来ました。また是非お会いしたいですね。ありがとうございます。そして本当におつかれさまでした。

現地で案内をしてくださった職員の方々、自衛隊の方々にも本当に感謝です。これからもきっと日本中が応援を続けます。頑張って下さい。

お勧めの本

更新が出来なくてスミマセンの雷句誠です。明日は明日で沢山の漫画家の先生とお出かけです。またレポートしますね。

で、今回は私の関わっているお勧めの本、
フェアリーテイル27巻DVD付き特捜版

はい、私1枚ですが、イラストを寄稿しています。他にもたくさんの作家さんが描いておられますよ。特に森川ジョージ先生の描いた、ジュビアとグレイは必見です。森川先生の絵なのですが、それぞれの雰囲気がバッチリなのです。

そして対談もしました「超人学園」5巻

面白くて人気も凄く取っているのに、なぜか単行本で苦戦しております。キャラがとにかく良く動き、元気をもらえる漫画です。泣かせ方も上手い!!気になりましたら是非一度、読んでほしいです。

そして同じ別マガ組で頑張っている「マルドゥック・スクランブル」5巻

カジノ編に入ってから、素晴らしい駆け引き、心理描写、そして読者を引き込む力バクハツです。ギャンブルは熱いですね。そして主人公のバロットのギャンブルでの仕草が良いのですよ。是非お読みください。

そして最後に私のコミックスも(笑)絶賛発売中です。6巻、凄い感想をいただいていて嬉しいです。皆さん本当にありがとうございます!!


ガッシュ文庫も好評です。みなさんずっと好きでいてくれて嬉しいですね。ありがとうございます。


どうぶつの国6巻発売!別冊少年マガジン7月号発売!!

さて、おはようございます!!今日は・・・今日は・・・「どうぶつの国」6巻の発売日です!!
画像
皆さん、書店さんへゴーーー!!です!この巻から、お話の方がドンドン進みはじめますよ。そして、悪い奴も・・・どうぞ、皆様手に取ってご覧下さい。

そして、この帯にもあります様に、「金色のガッシュ!!」のその後の外伝「友」も収録されています。いつぞやの感想コーナーで質問に答えたので、知ってる方もいると思いますが、ハイ、「どうぶつの国」6巻に入れる事ができました。ちなみにガッシュの文庫の方はやはりもう収録のページ数が決まっているので収録は無理です。あと、3巻が発売された辺りに週刊少年マガジンにのっけた出張読み切りも、収録されています。皆さん、お得ですよ。フフフ。

裏表紙にも、ほら、ちゃんといます。ガッシュとムームです。
画像


そして、このコミックス6巻の続きもお話が、今日発売の別冊少年マガジン7月号で読めます!!続きがかなり気になる展開なので、これを機会に別マガを買い始めてはどうでしょう?
画像
今月号の別マガでは、このお話のこれからのキーポイントとなる建物の名前が出てきます。聖書にも出て来る建物です。さぁ、このお話はどうなっていくのか?!皆さん、楽しみにしていてください!!

そして、この別マガ、かなり面白い内容になっています。私が気になったのはやはり久々の巨人バトルになった進撃の巨人ですが、これまた凄い展開で良かったです。超人学園もまたとんでもない強キャラの予感です。さんかれあ戻ってくれました。他にもいつもの連載陣、ラブプラス、まさに買って損は無い1冊になってますよ!!

やはり宣伝が強くなりましたが、面白い物は面白いです!!

ぜひ、書店でお求めくださいね。ではでは~~~~~!!








金色のガッシュ!!文庫4巻発売中!!

さて、金色のガッシュ!!の文庫4巻が発売されました!!皆様、ぜひお買い求めください。このようにウォンレイが表紙ですよ。
画像
そして、明日は別冊少年マガジン7月号、どうぶつの国コミックス6巻が発売されます!こちらはまた明日改めてブログに紹介します。で、明日発売の別マガですが、ジャジャン!!
画像
はい、詳しい紹介はまた明日やろうと思いますが、ええ、進撃の巨人が講談社漫画賞を受賞いたしました!!おめでとうございます。で、更にこの表紙の裏話。表紙の巨人で、右の方に女の子の様な巨人が一人います。モデルは誰だと思いますか?ヒントは「リボン」です。リボンを付けると「あっ!!」と、解るはずです。リボンはとある方に止められた模様です。私もさて、このようなモデルは大丈夫かな?と、思いましたが、諫山先生があまりに嬉しそうに「これ、誰だか解りますか?ウフフフフ。」と、私に見せてきて、終始ご機嫌でこの絵を描いていましたので、まぁ、これはこれで良いかな?と、思います(笑)と、言う様に諫山先生はお茶目な青年です。いえ、私も作品では負けてはいけないのですが。

さて、では、また明日、どうぶつの国6巻の告知をいたします!!ではでは!!










雷句からのご挨拶
雷句誠への感想メール等はこちら
raiku-nopost∞memoad.jp
上記アドレスの∞を、@に変えて送ってね。
感想コーナー・質問コーナーも
このメルアドで届きます。
※申し訳ありませんが、お仕事、インタビュー、ボランティアの依頼等はこのメールに送って来ないでください。もし送って来てもお返事は出来ませんので、ご了承ください。

ファンレターなど、お手紙はこちらへ送ってください。ちゃんと私まで届きますよ。
〒112-8001
東京都文京区音羽2-12-21 講談社
週刊少年マガジン気付
「雷句誠」宛

ちなみにコメントの書き込みは出来ません。
いわゆる「荒らし」と言うものが発生すると自分の技術では対応できないのである。
ウフフフフ。    
VECTOR BALL
どうぶつの国
金色のガッシュ!!
ツイッターよ♡