雷句誠の今日このごろ。

漫画家 雷句誠のブログです。 週刊少年マガジンで「VECTOR BALL」連載中!! 過去の代表作「金色のガッシュ!!」「どうぶつの国」

2012年08月

「忘れないで欲しい」

イラスト風
福島中央テレビさんからのご依頼で、24時間テレビのイベントで使う、コインアートの元絵を描かせていただくことになりました。そして、そのコインアートの完成する8月26日に福島の方へサイン会に行きました!
たくさんの子供達が募金で集まった硬貨で「金色のガッシュ!!」の絵を作っていきます。
コインアップ
そして出来たのがこれ!ジャカジャン!
上からガッシュ。
素晴らしいですね。ちょっと上から撮った関係で上下が少し切れてしまいましたが、見事なガッシュが出来上がりました。素晴らしいです。見た途端に「おおっ!!」という声が漏れました。

今回のいただいたテーマは「絆」ガッシュが手を差し出し、福島の人と手を取り合ってこれからも一緒に頑張ろう。という 絵です。そしてこのコインアート、これ絶対一人では出来ません。沢山の人が協力しあい、見事に一つの絵を完成させることが出来ました。「10円玉が足りない」とテレビで呼びかけたら。たくさんの人達が10円玉を持ってきてくれたり、その場で子供達が自分の財布から10円玉を出し、絵に置いてくれたりと、心温まるエピソードをいただきました。素晴らしいですね。

で、この完成を見届けてから、場所を移動し、サイン会へを行きました。

今回、「カイジ」「賭博覇王伝 零」の福本伸行先生と、「はじめの一歩」の森川ジョージ先生も来てくれています。 お二人とも福島では何度も励ましにきてくれていることで有名です。本当に嬉しいです。

サイン会は今回高校生以下限定。一般の方は残念でしたが、たくさんの子供達の笑顔を作ることが出来ました。サインをもらって喜んでいる子供達の姿は自分も本当に嬉しいです。今回そのなかでも避難所や、仮設住宅の方から来られた方が多く、そんな子達に描けたのも嬉しかったですね。

え?!サイン会の様子の写真は無いのかって?ええ・・・スミマセン・・・私、結構コインアートの撮影スケジュールがおしてしまって、サイン会場に遅れて到着。そして30分遅れで必死にサインを描き始めた為に、シャッターを押す時間がありませんでした・・・今回、森川先生、福本先生の写真がありません・・・すみません・・・・

サイン会中、私のお隣の森川ジョージ先生は
「あれ?雷句君、まだ3人目なの?僕はもう9人目だよ。」「君、どうぶつの国知らないでしょ?」などと、私の邪魔をしつつも、一歩はもちろん、 リカルド・マルチネスや、間柴、鴨川会長、鷹村さんetc・・・様々なキャラを描き、しかも写真撮影のお願いには「こちらへどうぞ」と、みずから席を立ち、子供と一緒に写真を撮ってあげるというサービス。そして余裕を持って3作家の内、最初に終了。

私は・・・・森川先生の攻撃を受けながら必死に描くも、予定終了時間の8時を越えてもまだ3分の2くらい・・・ 福本先生も並んでるファンの方達とお話をしつつ、予定通りサイン会終了。ええ・・・私また時間オーバーで、汗だらだらかきながらも8時40頃になんとか終了でした・・・並んでくれた子供達、本当にありがとうございました。今回はサインをもらえなかった大人の方も、来てくれた方がたくさんいました。ありがとうございます。

でも、今回はサライを歌えたよ!ううっ(ノ_・、)
(去年は歌えなかったので)

実は今回、サイン会で来てくれた人に聞こうと思っていたことがありました。
「災害から1年と約半年たった今、福島の人達は何を望んでいるのか?」
子供達でも、そのご両親でも、声をかけて聞こうと思っていました。
このブログでですが、何か呼びかけられることがあれば、書こうと思ったからです。
でも、予想以上に遅れてしまった為、声をかける余裕が無くて聞けませんでした。

で、帰りの駅で、福島中央テレビの人に「何を望んでいますか?」と聞きました。答えは・・・

「忘れないで欲しい」です。

「残念ながら放射線量は、少し諦めざるを得ない所がある、それでも減らしていかなければいけないんだけれど、費用や場所など、行き詰まった所があり、それにこだわると何も出来なくなる。それで一番の望みは「忘れないで欲しい」風化してしまうのが一番嫌だ。今も変わらず、高い放射線量の福島を忘れないで欲しい。」
 
との言葉をいただきました。(録音してた訳ではないので、受けた会話を整理して書いています。) 

大切な言葉です・・・とても重みがありました。 

今も子供達は外で遊べません。幼い子達は放射線が遮られる建物内で遊んでいます。親は今回コインアートの会場にもなったイオン(ショッピングセンター)に子供達を連れてきて遊ばせています。 

単純に腹が立ちますね。子供が外で遊べないってのは理屈云々ではなく、可哀想です。

福島の人達は、消えない災害と知りながらも、それでも福島で生きていこうとしています。なんとかならないのか?と思うのが普通ですよ。

納得が出来ませんよね・・・ 

今回、元気に笑顔を作ってくれた福島の人達 に強さを感じました。1年前よりもずっと笑顔が良かったと感じました。私達も何かで少しずつ、応援し、災害の解決に協力したいですね。
集合写真

8月26日(日曜日)福島にサイン会をしにいきます!

さて、8月26日。24時間テレビのある日に、
福島へサイン会をしにいきます。

福島テレビのイベントの一つとして、福島の皆さんがコインアートで 「金色のガッシュ!!」を作ってくれます。私はその下絵を描かせていただきました。

そしてそれが完成する26日に福島県へサイン会に行きます。
メンバーは私雷句誠と・・・

なんと、「はじめの一歩」の森川ジョージ先生!
「カイジ」「賭博覇王伝 零」の福本伸行先生がきてくれます!! 

嬉しいです!!

詳しいスケジュールがきましたのでお知らせします。
サイン会日時は
■26日(日)

・18:00~
 「未来を担う子供たちのためのマンガサイン会」
 ●対象:高校生以下のみ
場所は「ビッグパレットふくしま」です。
     
サイン会整理券配布は11:00~
・福本伸行  15枚
・森川ジョージ20枚
・雷句誠   20枚
と、なります。

上記にもありますが、今回、子供達のためにと言う思いが強かったので、サイン会の整理券は
高校生以下となります。それだけお気をつけ下さい。

福島は放射能と言う消えない災害とずっと戦っています。
元気をつけに行きたいですね。

福島の皆様、よろしくお願いいたします〜〜〜!

おおかみこどもの雨と雪

細田守監督の「おおかみこどもの雨と雪」を観ました。

で、何人かの人の感想と、自分が受け入れられなかった理由もだいたい明確化して来たので、感想を書こうと思います。

まず、ネタバレします。ご注意ください。
次に、私はこの映画が駄目だった方です。


と、いった点を覚悟した上でお読みください。

まず、私は細田守監督の作品が好きです。一番は「デジモンアドベンチャー ぼくらのウォーゲーム!」 次に「時をかける少女」、サマーウォーズは残念ながら合いませんでした。(DVD買ってません)

で、まず、とても期待が高かったのがあります。で、観た感想が、
「これで終わりなのか?」
でした。 
こんな終わり方で良いのか?まずは盛り上がりもないし、問題の何も解決にもなってないし、何か幸せ的な物を手に入れたのかも解らなかった。

まずは「盛り上がりがない」 ですが、花たちの住んでる村に強力な暴風雨がきて、雨が山に入って終わりである。雨がオオカミとして生きる道を選ぶのだが、それがどうした?と思ってしまった。
「こんな子供みたいな感想書くな!!」と言いたい方もいるであろうが、第一印象が本当にそれである。

細かいところを言います。
まず雨、暴風雨の来た山に一人で入っていく。お母さんの花が 心配して追っていくのは、絶対に解っているはずなのに、「危ないから絶対に来るな!!」とも言わず、最低限の話もしないで山に入る。花が危険に合ったのも、全部雨が原因だろ?と、思ってしまい、最後にオオカミとなった雨が「ウォォオーーー!!」と、遠吠えしても、お前が危険な目に遭わせて、母親にお礼も言わず出て行って、何で遠吠えなんだよ?と、思った。正直な感想です。

他の人の感想だと、
「あの雨の態度は今時の、母親がうざったく感じてる年頃の子のリアルな行動です。 」
私はその感想になるほどと思った、確かに納得できた。

だが、私はそんな雨が大嫌いだ。それでもう、感情移入ができなくなったのだろう。ラストの遠吠えが「何だその遠吠えは?」になってしまった。

そして次に
「問題の何も解決になっていない」「何か幸せ的な物を手に入れたのか」
であるが、
おおかみこどもを赤ちゃんから育てているシーン。まだ都会に住んでいるときのシーン。児童保護委員(だったかな?)の人たちが、花のアパートに来る。乳幼児の定期検診と予防接種にいっさい行っていないからだ。ここで私は引いた。子供達はそれで本当に大丈夫なのか?と思った。家の外にも出してあげない。立派な児童虐待に見えた。


多分ここで自分が過敏に反応したのは、以前観た「誰も知らない」という映画が大っ嫌いだった事もあるだろう。不特定多数の男と子供を作り、児童保護に見つかると兄弟離れ離れになるから、家からも外に出してもらえず、最後には女の子が一人死んでしまう。
「誰も知らない」は育児放棄をした母親だったが、やっている事は花も同じに見えてしまったのだ。予防接種を受けなかったせいで、死んでしまったらやはりかわいそうだ。幼稚園にもいけない。小学校も、雪があれだけねだらないと、行かせようとしなかった。医療については花が必死に本で勉強していたが、医療はそれでは私たち観ている側は不安なのだ。絶対に医者の立場の見解が欲しい。秘密を守ってくれる、お医者さんが一人いてくれて、その人の口から「この子たちは予防接種とかは必要ない、丈夫な身体ですよ。」それだけでもいいから言ってほしかった。児童保護の人を出した以上、そこまでは欲しかった。


このあたり、細田監督は下手だと思う、これが宮崎駿監督や、鳥山明先生なら、周りを取り囲む世界をおおかみこどもがいてもおかしくない世界に作り上げる。目の前でほうきに乗って空を飛んだキキを見ても、オソノさんが「ワァーオ!」と言って、それで終わりである。悟空など、変身するウーロンや、触っただけで人たちを人参にかえるウサギを見ても、「お、変わった奴がいるなぁ」で、終わりである。こういう世界を作るのも立派な才能なのです。できる人とできない人がいる事を私は知っています。


児童保護というリアルな媒体を出した時点で、やはりそれに対するフォローは入れなければいけない。あのラスト、雪は狼男という存在を理解してくれる男の子の友達ができたけれど、きっと雪が大人になり子供ができたら、同じような仕打ちを繰り返すのだろうか?という不安感が出て来て、感動どころではなかった。また隠して育て、見つかったら差別を受けたり、医療もまともに受けられない子供ができるのかな?と思うと、気分が重いだけだった。この辺りに何の解決策も出さずに終わった事についても、「これで終わりか?」と思った大きな一つである。

(ちなみに上記の事について、そう思った人、思わない人がいるのは、わかりました。見た人全員がこの不快感を持ってる訳ではないです。)


あと、最後に花。


弱さを見せてくれない。

夫がゴミ収集車に入れられるという、最悪の仕打ちを人間に受けたにもかかわらず、恨み言一つ言わない。泣いているだけだ。どこかであれはもっと狂っても良いと思う。それだけ酷い事をされた。見えない所でも良いから、人や清掃員に対して恨み言を吐いてほしかった。その上で、震える子供たちを見て、「自分がしっかりしなきゃ」と、前を向いてくれたら、もっと感情移入ができただろう。好き勝手暴れる子供たちにもっと叱ってたりしてたら、もうちょっと感情移入できただろう。特に人が引くような特別な負の感情を入れろという訳ではない、誰もが共感する程度の悲しみや憤りを見せてほしかった。自分の進む道しか見えていない雨をビンタしてほしかった。

ええ、私は雨が嫌いだ。


と、つらつらと自分の思った批判を書きました。


この映画で、とにかく感動したという人は
私のこの批判等、観ている間きっと全く気にならなかったと思います。


なので、「こんな事を気にする様な映画じゃない。」 と、思う人もたくさんいると思います。


それで良いですよね。
理屈ではなく、心に入り込む物があれば、それはその人達に取ってとても良い映画です。

まぁ、細かい事を言い始めればきりがない・・・

感想を聞いた子の話で、狼男の旦那が妊娠している花の滋養をつけるためにキジを取って来た時、「キジ?!都会にキジいるの?!」と言う意見をきいて、「確かに・・・」と、笑った私もいます。


いろんな所で言われてますが、これほど賛否が分かれる作品も珍しいです。で、この賛否が本当に両極端なのです。不思議な力の映画と思います。
 


最後に、キャラデザ、絵、動き、全部凄いレベルです。それは言えます。

花はとても好きなデザインです。

子供時代の雪と雨のハシャギっぷりや、暴れっぷりもとても楽しく見れました。

背景も素晴らしかった。

次回作、細田監督なら、また見るとは思います。期待しています。


あと、いつも思う自分の感想で、

「これはテレビでただで見るのなら、褒めてただろうなぁ。」

と言うのがあります。今回もテレビでタダだと褒めていたかな?

それだけ自分の映画料金の1800円に対する意識があるのだと思います。


ちなみにコクリコ坂はテレビで30分でやってたら、褒めてたかもしれません。


なんて、いらない事を書いてこの感想を閉めます。


別冊少年マガジン9月号!!

発売されています!!別冊少年マガジン9月号!
IMG_1854
ええ、更新遅れました!!発売日から3日めの告知です!!
スミマセン!!

原稿は上がっています!
しかし、それ以外にチョコチョコと仕事が入り、上手く回らなかったのです!!

今月のどうぶつの国は、バールと言うキメラとのバトルがクライマックスを迎えます。そして、ルークがドンドンと勝手に動き始めます。バトルは相変わらず大変ですが、それなりに迫力のある濃い回になっています。是非お読みください。

その他で「ふらいんぐうぃっち」と言う新連載が始まりました。
これも不思議な魅力を持った作品です。若干今の新人さんに多い、線の荒さが(特に背景)気になりますが、その辺り、この後丁寧になってくれると嬉しいですね。

他の作品もかなり熱い展開が続きます。
私、それぞれの作家さんの顔を見ているので、どれも感情移入してしまいますね。

別マガ感謝祭というのをやりました。別マガの作家さん達が集まって、読者さん達とお祭りをしたのです。とても楽しかったです。そして、私も別マガ作家さんの顔をたくさん見ることが出来ました。

個人的には「さんかれあ」のはっとりみつる と初めて会えたのが嬉しかったですね。その他の方は大体ご挨拶できたのですが、はっとり先生とはなかなか会えず。とてもやさしそうな方でした。

そしてなによりこの感謝祭では読者さん達の顔を見ることが出来たのが嬉しかったですね。この人達の為に描いてるんだと思うと、とても力が湧きます。

みなさんも是非お手に取り、読んでみてください。
読みにくい作品もあるかと思いますが、どれもとても個性の詰まった作品ばかりです。よろしくお願いします。

太陽光発電 7月の結果

こんばんわ、雷句誠です。
太陽光発電の7月の結果をお見せします。

えっ?!いらないって?
いやいや、結構こういう実際の結果を知りたがっている人が多いのですよ。
「実際どうなの?」
ってね。

さて、7月一ヶ月の結果はこの通りです。
デデン!
7月の結果
発電!424kwh!
売電!343kwh! 

と、こうやって言ってもよく解りませんね。
一番下にある消費が410kwhなので、家で使った電気代は全部まかなえていることになります。

ちなみに私の太陽光発電の設備は・・・

総パネルの最大発電量 4.6kw
取り付け屋根の方角  北西 
7月での最大瞬間発電kw  3・9kw
(ちなみに北西にパネルを取り付けた場合、効率は80%くらいです。) 

で、売電とありますが、さて、合計いくら売れたのか?
私はエネファームと言う外部発電機を持っていますので、買い取り金額は普通の金額よりも下がって、
1kw=34円です。しかし、その下がった分を東京ガスさんが1kw辺り、9円援助してくれます。
ので、私の買い取り料金は1kw=43円

343kw×43=14、749円

一ヶ月で14,749円電気を売ったことになります。 

で、「買電」東京電力さんから買った電気ですね。これは160kwで、東京電力の電気料金シュミレーションで、私の契約内容で計算してみると
5,822円 となりました。

で、実際使った電気料金は410kwなので、これを全て東京電力さんから買っていたとすると、
11、967円です。 

この11,967ー実際買った電気の5,822=6,145円!!
6,145円分電気料金を払わなくて良かったので、

6,145+14,749=20,894円!!

一ヶ月で20,894円の電気料金プラスとなりました。
で、私の太陽光発電のローンの1回の支払い金額は14,550円
6,344円のプラスです!!イエーイ!ヒューヒューー!!

でも実は、このローンに含まれていない工事もあるので(556,000円)
 これを10年で割り、12で割ると、一ヶ月の負担が4,633円
なので正確ではありませんが・・・・

大体1711円の儲けです。 

ありがとうございます!!プラスです!!
いや、正確にはエネファームの代金が入ってないので、それ入れるとマイナスかな?

うん、マイナスです。
エネファームを入れるとマイナスです。(笑)
いいのさ!儲ける為に付けたんじゃない!!
(でも・・・15年くらいで考えると元は取れるなぁ・・・)

何となく皆さんにも目安が出来たのではないでしょうか? 

そしてもう一つ情報。太陽光発電のパネルは永年と聞いています。10年近くで元を取れれば、その後はプラスという計算になります。(10年保証が切れれば、修理費は少しかかり始めるのかな?)20年近くお家に住み続ける方はとても良い投資になると思いますよ。

皆様、ご参考にね。 

PS
この計算式等で間違いに気付きましたらご一報ください。(計算苦手な所ありますので)直します。

あ、最後に1日ごとの発電量の記録を 乗っけます。こちらもご参考にね。
(ここの発電の欄はエネファームも含めた発電量となります。)
7の1
7の2
7の3
7の4
雷句からのご挨拶
雷句誠への感想メール等はこちら
raiku-nopost∞memoad.jp
上記アドレスの∞を、@に変えて送ってね。
感想コーナー・質問コーナーも
このメルアドで届きます。
※申し訳ありませんが、お仕事、インタビュー、ボランティアの依頼等はこのメールに送って来ないでください。もし送って来てもお返事は出来ませんので、ご了承ください。

ファンレターなど、お手紙はこちらへ送ってください。ちゃんと私まで届きますよ。
〒112-8001
東京都文京区音羽2-12-21 講談社
週刊少年マガジン気付
「雷句誠」宛

ちなみにコメントの書き込みは出来ません。
いわゆる「荒らし」と言うものが発生すると自分の技術では対応できないのである。
ウフフフフ。    
VECTOR BALL
どうぶつの国
金色のガッシュ!!
ツイッターよ♡