こんにちは、雷句誠です。追記情報を載せます。
週刊少年マガジンさんの方から、ファンレターの宛先が来ました。
ファンレターの宛先。

〒112-8001
東京都文京区音羽 講談社 週刊少年マガジン編集部気付
「雷句誠先生」宛

です。
もし、郵便物でお手紙などがあるお方は、こちらに送っていただけると届きます。週刊少年マガジンさん、本当にありがとうございます。

しかし、今日仕事始まりの前にブログをチェックしてみて驚きました。
あり得ない閲覧数です・・・Yahoo!ニュースに私の新連載情報が載っていたのですね。嬉しいです。とにかく今は9月10日辺りまでひたすら描き続けています。担当編集さんと協力しながら良い物が出来上がってきていますので、楽しみにして待っていてくれたらと思います。

なので、Yahoo!ニュースを見て、こちらに飛んできた方が沢山いらっしゃるようなので、私の新連載情報を先に持ってきます。

まずは週刊少年マガジンの兄弟誌、マガジンSPECIALの6号にちょっとしたインタビューと1ページのエッセイマンガ、一本の4コママンガを描きます。このインタビューで次回作の内容にちょこっとふれていますよ。よければ読んでください。

で、私の次の連載についての情報です。
掲載日時を出して良いとのお達しがでましたので、ご報告します。
実は、今度週刊少年マガジンから、増刊が新創刊されます。その雑誌にて新連載をさせてもらう事になりました。発売日は9月10日。雑誌の名前はまだ決定していない(検討中)ので発表はできません。で、その発売日の前辺りに発売される、週刊少年マガジン本誌にて、新創刊雑誌の宣伝もかねて、読み切りを描きます。それが、私の新連載の0話目「エピソード0」です。

すでに3話目まで上がっており、今はその週刊少年マガジン本誌に描く、エピソード0を作画している途中です。そして、その新創刊がでる9月以降に何本か、他の雑誌と連動して読み切りを数本描く予定となっています。そちらの情報もまた追々だしていこうかと思います。よければ、チェックしてみてください。

ありがとうございます。

で、いつもの自分の日記です!!
画像

先日「劇場版グレンラガン!螺巌編!!」を見に行ってきました。いやぁ、凄かったです。まずは平日なのに、ほぼ満員の劇場に凄いと思い、そして、内容もどんどん凄い展開になっていく展開に、ずっとスゲエ!!と、思ってみていました。特に後半のラストバトル!アレはヤバいです。ちょっと油断してみていたら、出るわ出るわの新展開!!凄いレベルの絵で、半端ではない描き足し量。スタッフの皆さん、よくぞここまで頑張ったと思いました。そして、やはりこういった物語を締めるのはキャラクターだなとも、再認識させていただきました。素晴らしかったです。監督を始め、全てのスタッフの方達にお疲れさまと言いたい作品でした。面白かったです。ありがとうございました。

そして、その映画の前の日、我が家に赤ちゃんがやってきました。
画像

ハッハッハ、私の赤ちゃんと思った方、残念!
実は今の私の担当さんの赤ちゃんです。担当さんの子供が生まれたと言う事で、見せにきてくれたのです。いやぁ、可愛いです。幸い赤ちゃんに泣かれる事も無く、こちょこちょとくすぐっては笑いを取り、その笑顔に癒されておりました。いやぁ、可愛いでしょう。

で、私もおむつを替えさせてもらう事に・・・今のおむつは取り替えやすいのか、簡単に取り替える事ができました。変えてる最中におしっこをかけられる事も無く、無事終了。
画像

ミルクもあげる事ができました。小さい手と口で「ムッチュ、ムッチュ。」と吸う様は、本当に不思議です。小さくて不思議です。こんな小さくてもちゃんとしっかり生きて、動いているのが不思議です。ちょっとおかしな感想になりましたが、まぁ、最後に一言で言うなれば「とても可愛かった。」と、本当にそれだけです。世の親さん方が、自分の子供に対して親バカになる気持ちがわかりました。ずっと笑顔で相手をしてくれたせいもありますが、いやぁ、これはかわいいですね。ぜひ、又連れてきてほしいものです。

あと、随分前からチョコチョコと、「ファンレターの宛先」を教えてほしいとのメールがあったのですが、このたび、週刊少年マガジンさんのご好意で、今からでもマガジン編集部宛に送っていただければ、自分の所に届けてくれるとの事になりました。週刊少年マガジンさんありがとうございます。
以前にこのファンレターの宛先については、自分で郵便の私書箱を持とうとしたのですが、そのときちょうど私書箱に空きがなく、それからあきらめていました。

あ、送り先の住所は追記で上の方に載っけましたよ。ホッホッホ。

よ~~~~し!今日は沢山日記を書いたぞ!又自分の事だから、何か書き忘れてる気もするが、まあ、その時はまた描こう!!ハッハッハ。ハッハッハッハッハ。ではまた!!ハッハッハッハッハッハッハッハ!!