ブログの更新をしなくても、応援メールはたくさん届くのですね、
こんにちは、雷句誠です。

応援メールは1140通、批判メールは19通、それぞれに、私の元に届いています。
本当に、ありがとうございます。

その中で時が経つと、私の体の心配をしてくれるメールがとても増えるのですが、一応、大丈夫ですよ。(笑)元気です。生活時間帯がちょこっと安定しないくらいでしょうか・・・皆様、本当にありがとうございます。

さて、WEBサンデーの方にサンデー編集部としての意見も出されたのですが、その文中にて、

「もとより、ブログにある弊社および弊社社員についての記載は事実とは考えておりません。今後は、法廷で当方の考えを明らかにしてゆくつもりでおります。」

この一文がサンデー側から出ただけでも、「やった!」と言う感じではないですか。

私の陳述書に書いた編集者の態度、仕事の姿勢をサンデー編集部の方から否定してくれたのです。「事実とは考えておりません」この一文はいろいろと取り方があるのですが、とにかく、サンデー編集部としても私の陳述書に書いた編集者の姿は否定するべき姿だと言ったのです。(いや、正確に否定と言う意味での文では無いかも知れませんが、一般的な見解として否定していると思います。)

これで少なくともこれからは、私の陳述書に書いた編集者の態度は改められます。特に自分の元に届いた漫画家の卵達の悲痛なメールの内容、明らかにおかしい対応を受けている子達の担当編集者の対応は変わってきます。もし、これでも自分の陳述書に書いたような編集者の対応がまだ続いたとしても、「その仕事の仕方はおかしい!」と、言う事が出来るのです。編集者の方に「これが漫画の世界だ。」「こうやって漫画を作るのが当たり前なんだ。」と、一方的に漫画家に言い聞かせ、漫画家が何も言えなくする事は出来なくなるのです。そして、何も言えない子でも、「一般的に見ても、今の自分の担当さんの仕事の仕方はおかしい。」と、感じ、そこからいろんな相談事が出来るようになります。

これはやはり一重に皆様の力に違いありません。
皆さんの意見が、「何がおかしいか?」を、しっかりと示してくれたのです。
自分一人の意見では絶対に出来なかった事でしょう。多くの人の「声」でしか、成し得ない事です。本当にありがとうございます。これで今現在、ひどい状況でがんばってる漫画家達は少しでも変わる事が出来ます。

念のため言っておきますが、
私がこのブログに記載した陳述書に書いた内容は事実です。
サンデー編集部が「考えておりません」と、書こうが、事実です。

裁判所に提出する文書です。ウソを書いて提出すれば罪になる事ぐらい、自分は知っています。本当は隠しておきたい部分、自分としてもとても恥ずべき部分も、苦しみましたが書き記しました。

それでも、ここまで応援してくれる人がいました。自分のみっともない部分を見ても、たくさんの応援をいただきます。感謝としか言いようがありません・・・


第1回の口頭弁論期日を、先日のブログにて告知いたしました。そして、「その口頭弁論に雷句誠は来ますか?」との質問を数人からいただきました。

もちろん、出席します。

口頭弁論は弁護士だけという形も多いみたいですが、自分は必ず出席します。よければ、裁判所までその様子を見に来てください。よろしくお願いします。

最後に、メールの内容は本当に多種で・・・今回は「いじめ」に関する裁判を今回の訴訟に合わせ、応援してくれる人がいました。とてもうなずくような内容で参考にもなりました。(元気でました)大学の法学科で学ぶ学生からも数人、この訴訟に対して応援、ご意見などをいただきます。
漫画家さんでお知り合いが声をかけてくれるのはやはり心強い・・・そして純粋な批判や、誹謗中傷もきますが、意見はしっかりと受け取っています。
もちろん一番多いのは一般の方、ファンの方のメールですよ。暖かいメールが多いのです。単純に嬉しいのです。そしてヤフーさんのニュース記事のコメントでも1000を越えてるのを見ました・・・全てを見る事は出来ませんでしたが、皆さんがこの問題に目を向けている事がとても嬉しかったです。やはり「みんな」の力ですね・・・

また、なんだかメールや、応援文などの事で締めになってしまいましたが・・・
体を壊さないようにがんばって行きますので、これからもよろしくお願いします。