と、言うことで、今日の夕方辺りに「金色のガッシュ!!」33巻の
本文、オマケ、中扉などの作業が終わる。
アシさん達とご飯を食べて、お疲れさまをする。
みんな本当にありがとう。

後はカバーイラストなどのカラー作業のみであります。
そのカラーも、大体の構図は今日のうちになんとか決めれました。
明日、明るいうちにカメラ片手に資料を集め、
最後のカラーに取りかかろう。
おっと、しかしその次の日、12日は
とあるバイクのダート系のスクールにお友達さんと行くのだった、
なんだか、前日まで雨の予報で、かな~~~りマディ~~な感じだのう。
ちゃんと筋肉ほぐして、気をつけて走ることにしよう。

ああ、そう言う訳です、某花見会もせっかくのお誘いですが、
行くことが出来ません、(このスクールは1ヶ月前からの予定なのです)
流石に筑波から東京某所までは駆けつけれません・・・

で、その日12日だけは空けておいて、後はカラーに取りかかろう。
(ハッハッハ、文章が横道にそれるそれる。)

話は更にそれて、今日はアシさん達が寝てる時間に
自分の家の庭の件で、「SXL」と言うハウスメーカーの人と話し合う。
SXLさんは自分の家と、庭を造ってくれた所である。

ですが、庭は契約の図面とは大きくちがった大きな石を多用し、
今回はその石の撤去をお願いすると言う話し合いなのだが、
(誤解の無いように書きますが、石の大きさが違うのは1・2倍や1・5倍ではなく、明らかに3倍から5倍は大きくなっている、収まりきらなかった石が、倒れた墓石のように斜めに立てられて庭の面積に無理矢理詰め込まれている感じなのである。)
SXLさんは、
「会社の方で話し合い、撤去の費用が大きければ出来ないかも知れない。」と言う。

契約とは違う庭を造っておいて、それは無い。
更にその後、やっぱりまだアシさん達が寝てる間に
弁護士さんの所へ打ち合わせをする用事があったので、
その時にこのお話をすると、弁護士さんはもちろん、
「費用云々の話ではなく、契約図面と違う物を作ったのなら、直すのが
当たり前です。」と言う。

SXLさんがどういう答えを出すかわからないが、
SXLさんは老舗の大きなハウスメーカーである。
どうか、間違いのない対応を求めたいが・・・