なんと、あの大友克洋先生のAKIRAの金田が着ていたジャケットが大友先生監修の上、発売される事になっている。すでに予約開始になっている。
受付はこちら→金田ジャケット予約ページ

ちなみに製造はKADOYAさん。

ちなみに私はこのKADOYAさんで フルオーダーでこの金田ジャケットを作ってもらっている。確かこの値段の倍以上した気が・・・・

このお値段は6万9千800円、くそう!悔しいが注文するよ!こっちのデザインは大友先生監修だし!!


後はHONDAかYAMAHAかSUZUKIかKawasakiが金田バイクを電動自動二輪で作ってくれるだけである。原作よりちょっと大きめに作ってください。あと、ちゃんとスポーツ走行が出来るフレームにしてください。バンクさせたら底がする、タイヤカウルが飛ぶ、なんて金田バイクは結構です。やはり運動性能はロードスポーツ並みでないと、金田バイクを名乗ってはいけないと思うのです。多少デザインが変わっても、速くて凄いバイクをのぞみます。 そしてモーターの回転がパワーバンドに入ったら、タイヤのホイールからバチバチッて、青い電光が走るようにしてください。(笑)

お願いします!日本のバイクメーカーさん!!

なんて、朝方にこんなつぶやきをしています。さ、仕事仕事。(汗)