雷句誠の今日このごろ。

漫画家 雷句誠のブログです。 週刊少年マガジンで「VECTOR BALL」連載中!! 過去の代表作「金色のガッシュ!!」「どうぶつの国」

バイク

こんにちは、ななはんです。

やあっ、こんにちは、ななはんです。スズキのななはんです。
皆様、お元気だったでしょうか?
私は元気です。今日もご主人様に連れられて、
筑波サーキットまで来ました。  
フフッ。
ななはん
さて、ご主人様は今回、ビギナークラスから1ランク上のクラスに上がっての走行です。もう先導走行無し、自分で完熟走行して、マナーを守り、サーキットを走ります。ちょこっと走るまでの手順に不安があったようですが、筑波の講習テキストを読んで、順調にコースインできました。

しかし、今日の筑波も暑いですこと。
ツクーバの空
ご主人様、この暑さで走る前からかなり心臓がどっきんどっきんしてまして、1本目は無事に終わりましたが、予想以上に疲労しています。タイムは前回と同じくらいのタイムで安心していますが・・・身体はちょっとエネルギーを入れないとマズい!ってことで、慌ててロールパンとアリナミンV、ポカリスエットをお腹に入れていましたよ。

ご主人様の今回の課題は1速に入れるコーナーを増やす事ですが・・・1カ所は上手く行きましたが、2カ所目は(これ・・・高回転時に2速に落として、更に1速落としになるのかな?ちょっと、難しいし怖いなぁ・・・)などとチキン!ヘイ!チキン!な思考を巡らしてまして、結局出来なかったのです。

さ、2本目の走行を開始しました。今回、ビギナークラスではないのでカメラマンさんがいないのです。なので、今回の走行中の写真が無いので、代わりと言っては何ですが、以前のお写真で、まだアップした事の無いものを代わりとしてあげておきます。違う・・・
あ、スミマセン、間違えました、こちらです。これが走ってる
雰囲気だけでも伝わっていただけれたらと思います。

エネルギーを補給したおかげもあって、順調にペースを上げて行き、何人か抜いた後に先頭集団と思われる3台にくっつきます。

その先頭集団の一番後ろの太った人を抜こうと、
「あのデブだけは〜〜〜〜・・・あのデブだけは〜〜〜〜・・・」
と、太ってる方にとても失礼な呪文を唱えながらアクセルを開けて行きますが、肝心の所で抜けません。
まぁ、未熟な腕で無理に抜こうとすると事故を起こしますからね。
実際今回は1本目、2本目含めて、目の前で2台のドカティと1台のCBがスッ転んでおります。ご主人様もその悲劇を目の当たりにして、セルフコントロールをしっかりとしたのでしょう。 

ですが後半になり、その太った方との距離が徐々にあいて行きます。 
ふと、ご主人様を見上げると、
「視点を定めろ〜〜〜〜・・・・ギアぬけてないか〜〜〜・・・指先感覚〜〜〜〜・・・つま先感覚〜〜〜〜〜・・・」 
と、呪文が先ほどまでと違う文言になっております。

息は上がり、汗はダラダラと滴り落ち、ステップの上のつま先がブルブルと震え始めてるじゃないですか(笑)

ハハハハハッ!
どうやらこの暑さと連続走行で体力の限界のようですね!!!
転けないように頑張ってくだい!
ご・しゅ・じ・ん・さ・ま!

呪文を唱えながら必死に集中力を保っていたご主人様は、なんとか2本目後半も転ぶ事も無く必死に走り抜けましたのでございます。
チェッカーを受け、ピットに入り、ななはんから降りたご主人様はもう、ふるえてしばらく動けませんでしたよ。それはもう、ブルブルブルブル・・・

ハハハハハハハッ。 

ですが、そのふるえて憔悴しきったご主人様がラップショットを見ると、顔色が変わりました。

ええ、前回より3秒も速くなっているじゃありませんか。

なんと、次からは更に一つ上のクラスに上がれるのです。

どうやら先頭集団に引っ張られて、いつもよりも速く走れたようでございます。
ツナギとブーツを脱ぎ、嬉しそうにポカリスウェットを飲み干しておりました。 ピット
しかし、そのブーツを見て、またご主人様の顔色が変わったのです。
ええ・・・ブーツのつま先の金属製のガードが削れ、その削れがインソールまで達してるじゃありませんか 。
下ろしたてのブーツが・・・
実は今まで履いていたブーツのアウトソールがめくれてしまったため、数年前に買い、ずっと履いていなかったプーマのライディングブーツを今回初めて履いたのです。そのおろしたてのブーツが最初の走行でこんなにしてしまって・・・

確か5万円近くしたはずですが・・・(笑)(笑)

面白いですね。ご主人様は。いつも私を楽しませていただけます。 
さ、次は更に上のクラスのライディングでどんなことをしてくれるのでしょうか?
転けるのだけは勘弁でございますよ。私も傷だらけになってしまいますからね。

楽しみですね。

では皆さん、また会う日まで。
ごきげんよう。 

ななはんの独り言。

私はななはんです。スズキのななはんです。

私のご主人様は本当にたかが外れたかのように遊んでいまして、「晴れの日はバイクに乗り、雨の日は家でフィギュアをつくりたい・・・」なんてバカなことを妄想していましたが、本当に実行している大バカものでございます。ちょこっと違う所が、今はフィギュアではなく、ジオラマをセッセと造ってる所でしょう。え?どっちも同じですって?ええ、その通りです。

そして私は今日もご主人様にハイエースに乗せられて筑波サーキットまで連れていかれたのでございます。
ハイエースの中のナナハン
でもこの筑波サーキットのピットはそんなに居心地の悪い所じゃありません。何と言うか、私がここで休むと、妙にしっくり来るのでございます。
PITの中のななはん
 しかし今日は暑いですこと。気温は29度を示しているのに、なんでここはこんなにも人とバイクと車が集まるのでしょう?
tukubaサーキット
みなさんモータースポーツが大好きなのでございますね。しかし・・・若い者が本当に少ない!!パッと見 白髪の生えたおじさんばかりがここにいるのですよ。もっと若い人がこういう遊びをしないと若い健康な身体がもったいないと思います。 私のご主人様ももう39歳なのですが、それでも若い部類に入るのです。

そして私が走る番となりました。今日のご主人様はいろいろ課題をもって走るようで、何でもあそこのコーナーを1速、あそこのコーナーを2速。などと苦手な高回転時のシフトダウンを果敢に行おうとしているみたい。無理して転けられたら私は傷だらけになるから嫌なのですが・・・でも、なかなか上手くいったようでございます。
コーナー正面
各コーナーにあったギアで走ると言う事はとても大切で、苦手だったこのダンロップコーナーもとても上手く走れるようになったのです。
ダンロップコーナー
 ヒザ擦りも前までは1日に1、2回擦れば良いとこなのに、今回、毎周必ず擦っていたのです。変わるものですねぇ。
コーナー
あ、この写真はヒザが擦れてませんが、本当に擦ったのですよ。ご主人様も「何であんなに擦ってたのに撮れてないんだ?!」と、ぼやいてました。

ま、ヒザ擦りで喜ぶ程度の腕と思ってください。フフフ。

でもこの度ご主人様、ギアチェンジなどの課題をクリアした事で、何と6秒も速くなったのです。筑波のように距離が短めのサーキットではとんでもない事なのですよ。

ま、それだけ今までが遅かったって事ですけどね。フフフッ
PIT
で、なんと走行クラスが次から上がるとの事。乗られてる私は嬉しいですが、「お前、そろそろ仕事しなくていいのかよ?」と、思ってる方は私だけではないはず・・・ハハハッ!!

 でも、なんだかんだで私も楽しい1日になりました。私、ご主人様の事をウンダラウンダラと言ってますが、ちゃんとエンジンの回転数をパワーバンドに入れて、マシンの本当の性能を出してくれます。

でも公道で私達の本当の姿を見せたら、お巡りさんが追っかけてきますのよ?

 そんな事を思うと、ちゃんとサーキットに連れていってくれる私は幸せなのかも知れません。こんな青空の下で思っきり走れるなんて。
つくーばサーキット
ご主人様、次はまたギアチェンジの箇所を増やして、また上のクラスへ行くとおっしゃってますが・・・ 転倒だけはご勘弁でございます。

ではまた。機会があればななはんとお会いしましょう。 

久々にサーキット

春ですね・・・・
っと言う事で、久々に筑波サーキットを走ってきました。
晴れてくれて、最高のコンディションです。
筑波サーキット場
サーキットではこのオレンジ×ブラックのななはんを乗っています。
サーキットのヘルメット
ヒザ擦りも2回できて満足。ムフフ。
しかし、カメラマンさんはその瞬間は撮ってくれませんでした。
筑波サーキットはビギナークラスだと、カメラマンさんがお仕事で来ていて、写真を撮って売ってくれるのです。良い記念になります。
筑波サーキット2000,2014:4:10
タイヤもしっかり使えて、久々満足いくまで走れました。
そう、新品タイヤで行ったのさ〜〜〜!
タイヤの状態よ。
皆さんも、モータースポーツをどうですか?楽しいですよ〜〜〜。
ええ、速くなくても良いのです。
速くなくてもサーキットで遊べるのです。

ええ・・・速くなくても・・・ハハッ!ハハハハハッ!!

ハイエースとななはん

良い季節がやってきました。今年はたくさん走る予定です。
 

クラッチのオーバーホール

今年の私の作画が終わりました。
アシスタントさん達もお疲れさまです。 私も最近いつもですが、ヘロヘロでした・・・

さて、実は我が愛車、ワルキューレルーンをお店の方に預けていました。
2012のルーン
クラッチのオーバーホールですね。

12月の中頃に伊豆の方へ走りにいったとき、
坂道駐車でギアをローに入れ、停めた所・・・
(バイクや車乗りなら解りますが、ギアを入れて止めると、坂道でも下がっていかないのです。)

ええ・・・ルーンがゆっくりと下がっていくではありませんか・・・
クラッチが滑っているとの事で、お店に出していました。

ええ、確かにここ1年ほど、クラッチが繋がるのがクラッチレバー全部リリースするギリギリの所になっていて、おかしいなぁ・・・・と思っていたのですが・・・ 

で、オーバーホールが終わったとの事で取りにいきました。
これがクラッチ板
クラッチ板ずらり
クラッチの山があるのはこんな感じですが↓
残ってる板
削れてしまっているのはもう平面に近いです。↓
すり減った板
走行距離は2万km・・・
普通のバイクより随分と早い交換ですが、ルーンが車並みのトルクを持ってる事と、400kgの車重、後、私がルーンでハンドルフルロックのUターンを、半クラで死ぬほど練習してたのが原因と思われます。 

ショップのメカさんいわく、
「オレも乗ってみたけど、フロントブレーキかけてクラッチレバー全リリースしても、エンストせずに、エンジン回ってる。うん、確実にクラッチが滑っている。」

私(ああ・・・確かにそうだ・・・「ルーンのエンジンはエンストしないから偉いなぁ・・・さすが1820cc」としか思っていなかった。(笑))

ショップからの帰り道、エンジンの加速がダイレクトに伝わり、ルーンならではのパワフルな走りが戻りました。これで坂道駐車も怖くはありません。フフフ・・・

また来年もよろしくね。
と、ルーンに言うのであった。

雷句のバイク

日記の更新が滞るので、ちょいネタで更新。
私のバイクはルーンだけだと思っている方が多いので、
実は3台持っているんですよ〜〜〜。 って言う記事です。

まずはおなじみルーン
US HONDAの1832cc ガソリン満タンで体重400kg の女神さま
横からルーン
斜め後ろルーン

そしてGSX R-750
主にサーキットで走らせます。加速が強いスーパースポーツ
ヒザスリイン筑波。
R-750
あ、この乗っているのはちゃんと私、雷句ですからね。

そして最後にXR230
HONDAの遊べるオフロードマシン。山や林道はこれで行き、転げ回りながら遊びます。
XR230
水没してますが、今も現役で活躍中ですよ。名車です〜〜〜。


なんて、私の親バカバイク写真集でした。 

おわり。
ででーーーーん!
雷句からのご挨拶
雷句誠への感想メール等はこちら
raiku-nopost∞memoad.jp
上記アドレスの∞を、@に変えて送ってね。
感想コーナー・質問コーナーも
このメルアドで届きます。
※申し訳ありませんが、お仕事、インタビュー、ボランティアの依頼等はこのメールに送って来ないでください。もし送って来てもお返事は出来ませんので、ご了承ください。

ファンレターなど、お手紙はこちらへ送ってください。ちゃんと私まで届きますよ。
〒112-8001
東京都文京区音羽2-12-21 講談社
週刊少年マガジン気付
「雷句誠」宛

ちなみにコメントの書き込みは出来ません。
いわゆる「荒らし」と言うものが発生すると自分の技術では対応できないのである。
ウフフフフ。    
VECTOR BALL
どうぶつの国
金色のガッシュ!!
ツイッターよ♡